世の中には沢山の健康情報があふれかえっています。

あれを食べてはダメ、逆にこれを食べたら健康になるなど、そのつど流行のように登場しては消えていきます。

そのなかでも根強く残っているのは、「砂糖」と「塩」に関することではないでしょうか。

砂糖をとったら太る。

塩をとったら高血圧になる…。

みなさん一度はきいたことがあると思いますし、実際に控えるようにしているひとがたくさんいます。

どうして塩や砂糖をとったら不健康になるのかはっきりと説明してください、といわれると説明できるひとはほとんどいないのではないでしょうか。

以前わたしは砂糖をとったらダメだという情報を鵜呑みにしてしまい、砂糖をとることにいちいち罪悪感を抱いてしまいました。

ダメなはずなのに、身体が疲れると甘いものがほしくなるし、塩辛いものも食べたくなる。

このからだの感覚と知識の矛盾にとても苦しみました。

わたしは「RAPT BLOG」をとおして、砂糖をとってはダメ、というのは嘘だということを知り、胸をなでおろしました。

嘘だと知るまでは、砂糖の代用としてすすめられている高価な「メープルシロップ」や「アガベシロップ」を多用していたからです。

脳には大量の「ブドウ糖」が必要だということがわかり、普通に砂糖や甘いものをとるようになり元気になりました。

以下の記事にくわしく書かれていますので、ぜひお読みください。

 

○RAPT×読者対談〈第87弾〉過剰な健康・環境ブームも悪魔崇拝から始まった詐欺目的のデタラメ話。

○RAPT×読者対談〈第114弾〉癌という病気は存在しない。(前編)

○RAPT×読者対談〈第115弾〉癌という病気は存在しない。(後編)

 

これから夏にむけて気をつけなければならないのが「塩分不足」です。

この時期「熱中症対策グッズ」として、塩分の入ったジュースや飴などさまざまな商品が売り出されます。

そのため夏だけは気をつけているひとも多いことでしょう。

「減塩」について調べていくうちに、じつは多くのひとたちが一年中「塩分不足」によって健康が害されている可能性があることがわかりました。

テレビや雑誌でうるさく取り上げられている健康法、「減塩」が大嘘だと判明したのです。

その理由をご紹介します。

 

①塩分のとりすぎと病気のメカニズムはそもそも解明されていない。

Wikipediaには以下のように書かれています。

——————————————————-(以下こちらから転載)

地球上の多くの生物は適量のナトリウムがないと生命を維持することができず、その供給源である塩は生命にとって欠かせないものである。

特に陸生動物にとっては塩分の補給は重要であり、塩分を含む土壌や岩石からでも摂取する必要があった。

しかし人類が調味料として塩をふんだんに利用するようになると、塩分の取り過ぎが高血圧(食塩感受性高血圧要参照)や腎臓病、心臓病、脳卒中などの遠因となった。

そのメカニズムは完全に解明されてはいないが、一般には血中のナトリウムイオン濃度を一定範囲に保つため水分を取るようになり、

血液を含む体液の量が増え血圧が高まるとともに、これを体外に排出する機能を司る腎臓に負担がかかるためとされている。
——————————————————-(転載ここまで)

じつは「塩」と「病気」の関連性がハッキリとしていないのです。

にもかかわらず、多くの食品会社から「減塩食品」が発売され、減塩=健康というイメージが定着しつつあります。

そして人類が摂取すべき塩分量も細かにさだめられているのです。

——————————————————-(以下こちらから転載)

1日の塩分摂取量目安と減塩啓蒙活動

2003年、世界保健機関(WHO)と国連食糧農業機関(FAO)による『食事、栄養と生活習慣病の予防』では、1日当たりの塩分摂取量を5g以下(ナトリウム2g以下)にとどめるよう勧めている。

2005年(平成17年)版の『日本人の食事摂取基準』では、1日の塩分摂取量を男性成人で10g以下、女性成人で8g以下を推奨し、同時に高血圧を予防するために、過剰なナトリウムを排出する作用のあるカリウムの摂取基準も定めている。カリウムは野菜や果物に多く含まれる。

日本の食生活指針と健康日本21(21世紀における国民健康づくり運動)では1日10g以下を目標としている。

2013年時点の日本高血圧学会のガイドラインでは1日6g未満を推奨している。

同学会の減塩委員会は2012年に日本で初めて開かれた「減塩サミット」を共催し、翌年からは毎年主催となって減塩の啓蒙をはかっている。

——————————————————-(転載ここまで)

世界の基準は5gと非常に少なく、日本は10gと倍も基準量がちがいます。

同じ人間なのにこんなにも差があるものでしょうか?

そして「カリウム」を摂取して排出することまで推奨しています。

上記のWikipediaの説明を読むと、とにかく「塩」をとってはいけないように思えてしまいます。

悪名高い「WHO」が人類に「塩」をとらせたくない理由。

それは「塩」が人類にとって「砂糖」同様、大きな活力となり重要なエネルギーとなるからです。

②「塩」は人類の生命維持に不可欠なものです。

じつは人間のからだは非常に多くの塩、つまり「ナトリウム」を必要とします。

また、労働環境や気候によって特別多く摂取する必要もあることがわかりました。

——————————————————-(以下こちらから転載)

食べ物と一体になる事で美味しいものに変化する塩。体がイキイキとする。

塩が足りないと心が暗くなる。・・・・塩を中心にした暮らしが生死を左右する
ことを体験的に昔から知ってきたのですネ。

”人間は一日に12~15グラムの塩が、生理的にどうしても必要だそうです。

重労働や熱作業に従事する場合は、40~50グラムと摂取量が増してくる。

昔から「米と塩」といわれたように人間が生きるために塩はなくてはならない
ものです。

世界の道は、最初は、塩を運ぶ道から出来たと言われる程大切
だったんですネ。

——————————————————-(転載ここまで)

「WHO」が定める基準はあまりにも低すぎることがわかりました。

かれらが推奨する基準では「塩分不足」におちいってしまいます。

あえて現代人を不健康にしたいという意思の表れではないでしょうか。

現代に生きるえわたしたちにとって「塩」はとても身近で、どこででも買うことができます。

いろいろな香りの付いた塩や、世界各国の珍しい塩も安価で購入することができます。

しかし昔はそうはいきませんでした。

「塩」の供給は古代人にとって生命線でした。

場合によっては「塩」で歴史が大きく左右され、国の発展にも大きく関わってきたのです。

——————————————————-(以下こちらから転載)

すでに中国では紀元前7世紀に人々の塩の消費量を仮定して、これを基礎に塩の専売制を確立したといわれる。

塩を買うために兵士に与えられたお金として「argentum salarium」があって、これが現在のサラリ-の語源になったといわれ、また塩そのものが貨幣として使われていたところもある。

また塩は中世の修道院の財政的基盤となり、早くも6世紀には塩はイタリヤのヴエネチアの商業の主要商品としてあげられ、ザルツブルグ(塩の城)付近の岩塩の採掘とともにヨ-ロッパに「塩の道」ができた。

古代ロ-マですでに政府は塩に関わりをもち、すべての道はロ-マに通じるといわれた道のうちで最も賑やかな道は「Via Salaria」(塩の道)であったといわれ、中国でも塩に税金をかけた。

フランスではガベル(gabelle)という語はもともと物品税一般をさす言葉だったのが、時がたつにつれて塩税だけを意味するようになった。

塩税はすべての税の中でもいちばん憎まれ、フランス革命の大きな原因になった。

イギリスが塩税をもつようになったのは比較的遅かったが、インド独立のきっかけになったガンジ-の「塩の行進」も塩の専売制に対する抵抗であった。

このように塩をめぐる世界史には、どうやって塩を手にいれるかという問題から、最古の都市は塩の取引を中心として設立されたこと、古代中国では塩が国家の基本的な収入源であり、近代でも多くの政府もそうであった。

——————————————————-(転載ここまで)

このようにどの時代も「塩」が非常に重要視されてきました。

それだけ人類にとって必要不可欠だったということです。

厳しい環境下での「塩」の摂取は病気を防ぎ、生命を保つことに活用されてきました。

——————————————————-(以下こちらから転載)

 

(前略)

東北など寒冷な地域でくらす人たちが、大量の塩分をとる習慣があったのは、寒さを防ぐために必要だったからである。

塩分は体を温める働きをもっているのだ。

現在のように暖房が十分に発達していなかった厳寒の冬を乗り切るためには、塩分を多めにとって体を温める必要があった。

もし当時、塩分を控えていたら、高血圧や脳卒中を発症するずっと前に、冷えから起きる肺炎や結核、リウマチ、うつ病などにかかって生命を落とす原因になっていたかもしれない。

また、寒い地方の人々の高血圧の原因としては、冬の間に屋外での運動ができなかったこと、新鮮な野菜の摂取が不足していたこと、厳しい寒さそのものが血管を収縮させて血圧を上昇させていたこと等も考えられる。

塩のみを高血圧の元凶とするのは間違いだろう。

塩分は体に悪いのではなく、要は出すことなのだ。

塩分は十分にとって体内で利用し、汗や尿で体の外へ排泄すればよいのである。

というのは、塩分(特に化学的な合成塩の食塩ではなく、約100種類のミネラルを含む自然塩)には、新陳代謝を促して体温を上げたり、体内の有害物を解毒したりする作用があるからである。

——————————————————-(転載ここまで)

なんと「塩」はからだをあたためるためにも用いられたのです!

寒さ対策に「塩」をとるなんて初耳です。

現代人に多い「冷え性」や女性に多い「むくみ」も塩をとることで簡単に改善されるのではないでしょうか。

では逆に「塩」をとらないとどのようになってしまうのか、みてみましょう。

——————————————————-(以下こちらから転載)

ナトリウムは、血しょうと細胞外液中の主要なミネラルとなっている。

人体の組織内外の体液、そして細胞の浸透圧を一定に保つはたらきをするほか、神経や筋肉のはたらきの調整、食物の消化(胃酸)に関してはたんぱく質の溶解とアミラーゼを活性化させるはたらきをしている。

そのため、体液中のナトリウムが不足すると、筋肉のけいれんが起きたり、血圧が下がりすぎたり、時には意識障害が起きたりすることもある。

——————————————————-(転載ここまで)

神経伝達の働きにも関わっているということは、もちろん「脳」の働きにも大きく関係してきます。

「ナトリウム」が不足すると、血液がきちんと運ばれなくなるだけでなく、脳の神経回路にも異常をきたしてしまうのです。

戦時中には、兵士が補給するべき「塩」が不足したために、非常に苦しんだという記録が残っています。

<サルウィン峡谷で眼下にはしるビルマ公路を監視する日本軍歩哨>

——————————————————-(以下こちらから転載)

ビルマの戦い

第28軍は、イギリス軍のラングーンへの急進撃により、退路を絶たれペグー山系(英語版)に追い詰められていた。

ペグー山系はイラワジ川とシッタン川とに挟まれた標高500メートル内外の丘陵地帯で、竹林に覆われている。

雨季が到来し、イギリス軍の作戦行動は不活発となっていたが、第28軍の食糧の手持ちは7月末が限界となっていた。

将兵は竹の小屋で雨をしのぎ、筍粥で飢えをしのいだが、食塩の欠乏症に苦しんだ。

食塩が欠乏すると、筋力が低下し、しまいには立っていられなくなるのである。

7月、雨季は最盛期に入り、河川は氾濫し、平地は沼地に変わった。

ようやく兵力の集結を終えた第28軍は敵中突破作戦を計画した。闇にまぎれてペグー山系を脱出し、広大な冠水地帯を横断し、増水したシッタン川を竹の筏で渡るのである。

シッタン川を防御していた第33軍は川を越えて第7インド師団へ牽制攻撃をかけた。

戦いは胸の高さまで達する泥水の中で行われた。

7月下旬、第28軍は十数個の突破縦隊に分かれて一斉にシッタン川を目指した。

将兵は筏に身を託して濁流へ身を投じた。体力の衰えていた者は濁流を乗り切ることができず、水勢に呑まれて流されていった。

第28軍は34,000名をもってペグー山系に入ったが、シッタン川を突破できた者は15,000名に過ぎなかった。

こうして第28軍が敵中突破を大きな犠牲を払いつつ成功させた頃、8月15日の終戦が訪れた。

——————————————————-(以下こちらから転載)

過酷な戦場で兵士がたたかうには、「塩」が必要不可欠だったのです。

過酷な環境下で、命がけの戦いをしなければならない。

そのような中でからだが動かない、脳も働かないとなると戦況は不利になるしかありません。

どれほど苦しい思いをしたか、はかりしれません。

江戸時代には塩分不足で起こるからだの不調を利用して、「塩抜きの刑」という非常に苦しい刑罰が存在したようです。

——————————————————-(以下こちらから転載)

ナトリウムは交感神経の興奮にも関係し、足りなくなるとやる気がなくなります。

江戸時代には「塩抜きの刑」といったものがあって、罪人の食事から塩分を完全に取り除いたことがあった様です。

(諸説あり)

この刑を課された罪人は日に日に大人しくなっていった様で、夏バテでやる気が出なくなるのは、ナトリウム不足も関係あるというのが有力です。

——————————————————-(転載ここまで)

現代人はゆるやかな「塩抜きの刑」に処されているといっても過言ではありません。

塩分を減らした食事によって、じわじわと原因のわからない疲れや倦怠感にむしばまれていくのです。

最近は「寝たきり老人」が多く、介護の問題も噴出していますが、このようなまちがった「健康法」も「寝たきり」の原因のひとつではないでしょうか。

お年寄りになればなるほど筋力が低下しやすいにもかかわらず、「減塩」までしてしまうなら、あっというまにからだも脳も動かなくなり、寝たきりになってしまうでしょう。

年齢に関係なく、「これを減らせば健康になる」、という考え方、健康法はすべて嘘なのです。

まんべんなく喜び感謝して食べることが一番の健康的な食事のとりかたではないでしょうか。

ここで気になることは、どんな塩を買えばいいのか、ということです。

いろいろな高級な塩や健康をうたっている塩がたくさん存在しますが、必要なのは「ナトリウム」です。

わざわざ高額な塩を買う必要はなく、どこにでも売っている数百円の塩でじゅうぶんなのです。

このみによっていろいろな塩を試すのも良いですが、基本的には「普通の塩」でじゅうぶんです。

意外な発見!

「砂糖」も「塩」も「脳」の働きに必要不可欠です。

「砂糖」は脳のエネルギーとなり、「塩」は脳や全身の神経伝達に用いられます。

人間の「脳」は車の「エンジン」に置き換えることができます。

エンジンが回転することで、車全体が動きだします。

タイヤもカーナビも、エアコンもすべてです。

人間も「脳」が回転することでからだが動き、臓器が働き、さまざまなアイディアを生みます。

「車」に「エンジン」が積みこまれなければ、ただの「箱」となってしまいます。

また、エンジンが搭載されてもエネルギーとなる「ガソリン」が注入されなければ使いものになりません。

「人間」もまた一緒です。

「人間」もエンジンとなる「脳」があり、そこにエネルギーとなる「砂糖(ブドウ糖)」が注入されることによって働くことができます。

重要なエネルギー源である「ガソリン」と「砂糖」には意外な共通点があることをご存知でしょうか。

車に搭載されたエンジンは、以下のようにガソリンを取り込みエネルギーに変換します。

——————————————————-(以下こちらから転載)

【ガソリンエンジンの場合】

車が加速するときは空気をいっぱい吸い、とろとろゆっくり走るときは空気をあまり吸いません。

これは、エンジンに必要な出力に応じて空気の量を調整し、その空気の量に応じて燃料を噴いて空気と混ぜるためです。

燃料と空気が混ざったものを混合気といいます。

——————————————————-(転載ここまで)

上記の図を見ていただくと、「ガソリン」が外から取り込まれた「空気(酸素)」と混ぜ合わされ気体となっています。

ガソリンに含まれるのはおもに「炭素C」と「水素H」です。

さらに外から「酸素O2」も供給され、混ぜ合わされます。

○ガソリン-Wikipedia

では脳に必要なエネルギーである「ブドウ糖」についてみてみましょう。

——————————————————-(以下こちらから転載)

グルコース(glucose)は、分子式 C6H12O6を持つ単純な糖である。

ブドウ糖(ブドウとう、(葡萄糖)とも呼ばれる。グルコースは血糖として動物の血液中を循環している。

糖は植物などに含まれる葉緑体において、太陽光からのエネルギーを使って水と二酸化炭素から光合成によって作られる。

グルコースは細胞呼吸(英語版)のための最も重要なエネルギー源である。植物ではデンプン、動物ではグリコーゲンのようなポリマーとして貯蔵される。

——————————————————-(転載ここまで)

ガソリンはエンジンの中で「炭素」「水素」「酸素」となり、エネルギーに変化します。

また脳のエネルギーとなるブドウ糖(グルコース)も「炭素」「水素」「酸素」からできているのです。

植物も「炭素」「水素」「酸素」が含まれている「水(H2O)」と「二酸化炭素(CO2)」を使ってブドウ糖を作りだします。

なんと「機械」も「人間」も「植物」も同じ物質をエネルギー源としているのです。

「ガソリン」と「砂糖」はまったく別物に見えますが、じつはほんの少しの違いしかないことがわかりました。

世の中とても複雑なことばかりのように見えますが、紐解いてみるととてもシンプルで、無駄な心配や不安を抱えなくてよいのだと気づかされます。

今日からさっそくからだが必要だと感じるものを満遍なく、喜び感謝して食べましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*