前回は、「ヴィーガン」や「ベジタリアン」の思想がカルト宗教から始まったもので、こころや体の健康を大きく害するものであると、ご紹介しました。

このような嘘の「健康法」は、男性も女性もだまされてしまいがちですが、特に女性はだまされやすいです。

「キレイになれる」「かんたんに痩せられる」「おしゃれ」などという文句に、すぐ引き寄せられてしまいます。

それで痛い目にあったことがある女性が、ほとんどではないでしょうか‥。

そして今でも、「良い」と信じ込んで続けている間違った美容法や習慣がある人もいるでしょう。

今回は、現代人が頼りがちな「サプリメント」の真実についてご紹介していきます。

誰もが、一度は飲んだことがあると思います。

特に女性向けの「美容サプリメント」「美容ドリンク」は、大量に出回っていますよね。

私もこれまでたくさんの「美容ドリンク」「サプリメント」「美容食品」「漢方薬」「医薬品」を、試してきました。

そして今は、それらすべてをやめました。

その理由は、それらに頼らなくても、元気で健康になったからです。

では、さっそくご紹介していきます。

①「コラーゲン」はただの「ゼラチン」。

冷静に考えると分かりそうなものなのですが、小さな小瓶に、キレイなラベルが貼られて「コラーゲン」と書かれていたら、つい騙されてしまいます。

———————–(以下こちらから転載)

「コラーゲンは皮膚や体をつくっている成分で、年を取ると失われていくもの」

確かにCMなどで盛んに流されているこの話は本当です。

新しい皮膚を生み出し、皮膚の弾力やハリの元になる真皮層でのコラーゲンやエラスチンの減少は、肌の老化の主たる原因です。

それどころかコラーゲンは、体のさまざまな臓器や血管、そして骨の丈夫さにも深くかかわっており、我々の人体には欠かせない成分です。

これは医学の教科書にも書かれていることで、なんら嘘偽りのない話です。

しかし、コラーゲンのサプリを摂取すれば肌の老化防止などに効果があると考えるのは、大間違いです。

これは薄毛の人が他人の毛を食べても毛が生えないのと同じです。

中学の理科などで、人間は、食べた物を一旦消化して、バラバラの栄養素として吸収し、それを基に体を維持したり、成長したりするのに使うと習った通りです。

食べた物がそのまま体に現れるわけではありません。

コラーゲンとゼラチンは同じもの

しかも困ったことに、人間の肌や骨にあるコラーゲンと、サプリなどで売られているものはまったくの別物です。

人間のコラーゲンは、人間の体内で線維芽細胞が生み出したものです。

サプリなどは、精肉工程で出る豚や牛の骨や、缶詰の製造工程で出る魚の鱗や皮から抽出精製した、コラーゲンの線維がねじれてまばらに切れた状態の「変成コラーゲン」と呼ばれるものです。

それぞれの原材料によって、コラーゲンとしての性質も大きく違います。

つまり、コラーゲンと呼ばれて市販されているのは、牛、豚、魚由来のもので、要するにゼリーの材料であるゼラチンです。

スーパーでもお菓子コーナーで普通に売られているゼラチンが、名前をコラーゲンと変えて売られているにすぎません。

———————(転載ここまで)

実はドリンクやサプリメントで取り込んだコラーゲンは、直接ヒトのコラーゲンになるわけではないのです。

そして、安く取引されている「ゼラチン」と「コラーゲン」は同じものなのだそうです。

私は美容部員時代に、「従業員価格」で安く他社の化粧品を買えることをいいことに、色々な化粧品や、サプリメントなどを買いまくっていました。

一本500円、800円する「コラーゲンドリンク」もよく買っていました。

それがなんと大好物の「鶏皮」や「鯛皮」などに含まれる「コラーゲン」と、同じだったなんて‥!

一応、栄養ドリンクではあるので、多少の効果はあります。

しかし毎日続けていたら、いくらお金があっても足りませんね。

しかも「コラーゲン」と称されるものの原料は、牛や豚の骨や皮、加工の過程で出た魚の皮などです。

そのような本来廃棄物として扱われるものから、抽出されています。

それらが本当に衛生管理の行き届いた所で加工されているかは、私たちは知ることができませんので、あまり信用できません。

本来なら廃棄されるタダ同然のものが、加工されると高価な「コラーゲン」となります。

女性はキレイになれると信じて、それらを購入します。

その中身は、本当はたいして高価でもない「ゼラチン」。

なんとも詐欺的ですね。

効果があるように感じるのは、日頃から栄養不足である証拠です。

当時私は、食生活がめちゃくちゃで、やせ細っていました。

肌はカサカサ、常に疲れている。

そんな人が飲めば、多少は効果があると感じるでしょう。

②「アミノ酸」の原料は、中国人の髪の毛を溶かして抽出しています。

なんとも衝撃的で恐ろしい事実です。

すべての「アミノ酸」が、毛髪からできているとは言いませんが、私たちの周りで流通する「アミノ酸」の原料は、私たちは知ることができません。

何気なく口にしているものの中に、「毛髪」が原料のアミノ酸が入っているかもしれないのです。

———————–(以下こちらから転載)

アミノ酸系サプリメントの原料のアミノ酸は、タンパク質を分解して作ります。

多くの場合は大豆などが原料に使われますが、激安品には「人毛」が使われている場合もあります。

髪の毛はタンパク質でできていますから、分解すればアミノ酸になります。

人毛を原料にしたアミノ酸は、中国などで生産されています。

実は、髪の毛をタンパク源にするのは何も今に始まったことではなく、日本でも戦中・戦後の食糧難の時代には髪の毛を原料に醤油を作ったといいます。

毛髪に「アミノ酸」が豊富に含まれていることから、日本では毛髪から醤油を作り出す恐ろしい研究が行われていました。

———————(転載ここまで)

以下が、中国で問題となった「毒醤油」に関する記事です。

———————–(以下こちらから転載)

 
中国の調味料製造業者が、人間の毛髪から醤油を製造していると暴露。
 
中国製品の安全性にまたしても懸念の声が広がる。
 
中国では2004年から2005年にかけて、人毛由来のアミノ酸を添加した醤油が製造されているとの報道があり、中国国内に波紋を広げた。
 
製造コストを下げるために、一般的な大豆などの原料を使わずに、アミノ酸の基準量を満たす目的で人の髪の毛を使っていた。
 
この事件を受け、中国政府は禁止令を出し、人毛を原料とする醤油の製造が禁じている。
しかし、その後も人毛醤油は、中国各地で密造され、そのたびに政府当局が摘発している状態だという。

———————(転載ここまで) 

想像するだけで、吐き気がしますね。

元々「髪の毛」は、身体の外に重金属や老廃物を排出する働きがあります。

そのため髪の毛には、有害な「水銀」や「重金属」などが含まれます。

それをまた体内に入れるとどうなるか、容易に想像できますね。

中国で集められた毛髪は、注射器や病院綿などの「医療廃棄物」や、さまざまな汚物が混入している大変不潔なものだったそうです。

この「毛髪醤油」の研究は、日本でも行われていました。

———————–(以下こちらから転載)

実用化はされなかったものの、昭和初期に大門一夫により毛髪の研究の一環として、人間の毛髪を原料とした醤油の実験が行われたらしい。

研究グループは、毛髪を塩酸で10時間程度煮て加水分解し、アミノ酸やペプチドに分解することで醤油に似た水溶液を得たが、揮発成分に乏しく実用には耐えないとの結論に至った。

———————(転載ここまで)

なぜこのような発想が湧いてくるのか、不思議で仕方ありませんが、世界中にはびこる「悪魔崇拝者」たちは、儀式の一環として「人肉」を食します。

髪の毛を食べるという発想も、彼らから出たものに違いありません。

「人肉食」については、こちらの記事をお読みください。

○RAPT BLOG イエズス会と真言密教と浄土真宗と人肉食信仰「クロ宗」の奇妙な接点。フランシスコ・ザビエルを日本に招いた「ヤジロウ」から分かる悪魔教の現実。

○RAPT×読者対談〈第131弾〉小林麻央の死は悪魔への生贄である。(悪の巨塔・日野原重明と市川海老蔵の深いつながり)

 

③「毛髪産業」の闇。毛髪が取引されるのは、ウィッグ作りのためだけではなかった。私たちの口に入る「食品添加物」は「毛髪」からできています。

世界には、表で華々しく活躍する企業ばかりでなく、原料の供給を担う裏方の企業も、数多く存在します。

その中でも、長い歴史を持つのが「人毛産業」です。

少し長いのですが、重要なので、転載します。

———————–(以下こちらから転載)

アミノ酸に隠された秘密 私たちは共食いさせられている?

知らずに食べていたインド人の髪の毛

味の素が髪の毛から作られるという噂もある。

これはあきらかな間違いだが、(註:間違いとは限りません)髪の毛から別のアミノ酸は採れる。

L-システインという。

 L-システインは育毛剤やシャンプー、化粧品に使われる一方、なんと食品にも添加される。

 L-システインについて、ネット上のフリー百科事典ウィキペディア海外版にも<食品向けLシステインのもっとも安い原料は加水分解した人間の髪>(筆者訳)とあった。

冷凍ピザやパンに使われ、生地を柔らかくする働きをするそうだ。

 私たちは人間の髪の毛入りのパンを食べさせられているらしい。

 ある種のこれはカニバリズム=人肉食ではないのか? 

イスラム教徒やベジタリアンは動物由来のL-システイン(髪の毛以外に鳥の毛や牛の角からも生成される)に反対、欧州では規制されつつある。

 2002年、インドのポータルサイトChennai Onlineに「Protein from Hair(=髪の毛からタンパク質)」というインドのアミノ酸メーカー、Protchem Industries (India) Ltd社(以下Protchem社)に関する記事が掲載された。

 同社創業者のT.K. Mohanは<髪の毛が満載された日本に向けの貨物>(以下筆者訳)が当初は何に使われているのか知らなかったが、

それが<タンパク質に加工され売られている>ことを知り、日本人技術者の協力でアミノ酸製造に乗り出したという。

 インドからのコンテナを開けたら髪の毛でいっぱいだったという噂話を聞いたことがある。

 その時は都市伝説だと笑ったが、いやはや。

どんぶりに髪の毛が入っていたとラーメン屋で怒っている場合ではない。

麺に髪の毛練り込み済みって、ものすごく失礼だろう。

 インド国内で集められた髪の毛は<手作業でタバコの吸いがらやマッチの端が取り除かれ><髪の毛のオイルその他は熱湯で洗い>流して分解、

<髪の毛から取り出されたタンパク質は主に極東の国々>へ輸出される。

(なおインドにはGUPTA HAIRやRAJ IMPEXといった髪の毛商社があり、長い髪をカツラ用、短い髪をアミノ酸用として販売している)

 髪の毛から抽出されたアミノ酸パウダーはビーフスープやピザ、トマトソースなどに使われるという。

極東の国々に日本が含まれるのは言うまでもない。

———————(転載ここまで)

なんと、女性が大好きな、「やわらか、しっとり食感」は、どこの誰かもわからない人の髪の毛によって出されていたのです。

そしてピザ、スープの素や、ソースにも添加されている‥。

 

さらに闇の深さを感じたのが、このインドのアミノ酸企業の取引先の中に、「味の素」があることです。

———————–(以下こちらから転載)

Protchem社の取引先について記事にこうある。

<Its permanent customers include Ajinomoto Co. Inc., Asahi Foods Co. Ltd., Cosmo Foods Co. of Japan, >、つまり味の素、アサヒフーズ、コスモフーズが日本の主要取引先なのだ。

 実は味の素はL-システインを完全な化学合成法によって製造する世界で2社しかないメーカーの1つだ(もう1社はドイツにある)。

 動物由来のL-システインに反対するイスラム圏では、味の素のL-システインに全面的に切り替えようとしているほどだ。

さまざまな食品に利用されるアミノ酸。

何から作られているのか、消費者が知識を持つことが大事だ。

 だから味の素にとってProtchem社が作る髪の毛由来のアミノ酸は不要のはずなのだが、いったい何に使っているのか? 

 なお、インド財務省が2002年8月16日に配信したリリースによれば、味の素はProtchem社に対して直接投資を行っている。

———————(転載ここまで)

果たして「味の素」が、「完全な化学合成でできている」というのは本当でしょうか‥?

毛髪から抽出したアミノ酸を売る企業と密接な関係で、投資までしている。

これは「クロ」だと疑うしかありません。

「味の素」の毒性や危険性については、「RAPT BLOG」でも取り上げられました。

○RAPT×読者対談〈第52弾〉悪魔の見えざる手。

「味の素」は、悪魔を崇める一族の「天皇家」とも繋がっているので、密かに毛髪を原料として使用していたとしても、なんら不思議ではありません。

彼らは、悪魔への生贄として人間を捧げ、人肉を貪る「悪魔崇拝者」なのですから。

日々の食生活の中で、完全に「食品添加物」を避けることは不可能です。

過敏になりすぎても、今度は食べるものがなくなってしまいます。

なので、インスタント食品など、あきらかにたっぷりと入っていそうなものは、避けるようにしたほうが良いでしょう。

そして、美容業界の闇に触れるなら、絶対に外せないのが「プラセンタ」です。

④「ヒト」の胎盤から抽出される「プラセンタ」。実は「プラセンタ」という成分は存在しない。

<体内に直接注射する「プラセンタ」>

以前書いた記事の中でも、「プラセンタ」についての情報をご紹介したことがありますが、今回は、さらに詳しくご紹介していきます。

———————–(以下こちらから転載)

プラセンタというのは胎盤のことです。

胎盤を英語にしただけのものです。胎盤は、我々を含む哺乳類(単孔類と有袋類を除く)とサメの一部がつくることが知られています。

胎盤そのものを使うことはできないので、胎盤の成分をエタノールで大ざっぱに抽出したものが、プラセンタエキスというものです。

要するに胎盤エキスです。

 肝心なプラセンタの成分を分析すると、大部分がタンパク質で、その中にホルモン類、各種ステロイド骨格のさまざまな成分が検出されるようです。

当然、胎盤という部位ですから、女性ホルモンであるエストロゲンやそれに類するものが含まれていると考えられます。

 ここで大事なのは、プラセンタという成分があるわけではなく、あくまで、ただの抽出液がプラセンタと呼ばれているだけということです。

事実、プラセンタにのみ含まれ、若さを保ったり、健康を増進するために有効な際立った成分というものはありません。

(中略)

事実、プラセンタの服用で、アンチエイジングの効果が見られたという信頼できる研究結果は一度も見たことがありませんし、報告もされていないようです。

 逆に言えば、ほぼ確実に無害であるので安心して販売でき、うっかり「効いた」と思ってくれる人が出たら、それだけで儲けもの。

完全なイメージ商品なのです。

———————(転載ここまで)

「プラセンタ」と名前が付いていると、プラセンタという成分が存在し、効果があるのかな、と思ってしまいますが、実は「プラセンタ」というものは、抽出した成分の「総称」というわけです。

そして、コラーゲンと同じく、口に入れれば胃で消化されるので、普通の食物の一つとして分解されていきます。

なので、直接肌に効く、という言い分には無理があるのです。

先にご紹介した、「コラーゲンドリンク」と同じ原理ですね。

「プラセンタ」には、口から入れるものだけでなく、体内に直接注射する「プラセンタ」が存在します。

———————-(以下こちらから転載)

ここまでプラセンタを否定してきましたが、実は、プラセンタは医療の現場でも注射薬として使われています。

特定生物由来製品としてのプラセンタの適用は、乳汁分泌不全と更年期障害だけです。

この2つの適用に関しては、きっちり研究され、使用法も確立していて、不要なものが混ざっていない合成女性ホルモン製剤もあります。

 実際に、更年期障害や乳汁分泌不全はもちろん、思春期の発育不良、性同一性障害などに対し処方されており、危険性も対処法も効果も、かなりはっきりしています。

 しかし、過剰に使用した例では、肝機能障害など、プラセンタ注射が原因として疑わしい薬害が起きているという話もあります。

また、主要成分であるアミノ酸は、別段注射せずとも食物から十分摂取でき、そもそも注射する必要に疑問を感じます(これに対して異議を唱える医療団体も存在するので、どちらを信用するかは個人に委ねられますが)。

 加えて留意しておいてほしいことがあります。

現状、厚生労働省の指針により、プラセンタ注射を受けた人は献血ができないようになっています。

その理由は、クロイツフェルト・ヤコブ病の原因として知られる「プリオン(悪性タンパク質)」が原料に含まれていた場合に、防ぎきれないことを想定しています。

———————(転載ここまで)

「プラセンタ注射」を受けた人は「献血」ができないのです。

そもそも「献血」とは、「天皇家」が儲けるために、「赤十字社」を介して、国民からタダで血を集めるという、どこまでも悪魔的なシステムです。

「献血」で集められた血は、高値で取引されます。

くわしくは、こちらの記事をお読みください。

どうやら「プラセンタ」が体内に入ると、「血液」が売り物にならないようです。

その理由が、注射をすることで、「クロイツフェルト・ヤコブ病」に感染するリスクがあるからです。

「クロイツフェルト・ヤコブ病」とは、同種で共食いをしたときに発生する病気だと言われています。

「狂牛病」が猛威を振るったときに、話題となりましたね。

「クロイツフェルト・ヤコブ病」は、人間が共食いしたときに発病する「クールー病」と症状が似ており、深い関係があります。

○Wikipedia-クールー病

現在では、「プラセンタ注射」を打って、そのような薬害が発生した報告はないものの、リスクがあるからこそ、「献血」できないようになっているのです。

以前の記事では、産後に「胎盤」をそのまま食べたり、調理して食べるというおそろしい風習をご紹介しましたが、「サプリメント」も「注射」も同じことです。

「悪魔崇拝者」の人肉を食べる行為、「カニバリズム」が形を変えただけです。

「美しくなれる」「お肌にハリが出る」「若返る」などという甘い言葉には、けっして乗ってはいけません。

もし、「栄養が足りてないな」「お肌の調子が良くないな」「食事のバランスが気になるな」と感じている方は、手っ取り早くサプリメントやドリンクに頼る前に、毎日の食事の時間を大切にしてみて下さい。

お肉は焼くだけでも美味しいですし、それにすこし野菜を切って一緒に炒めれば、あっというまに立派なスタミナおかずができ上ります。

(こんなにたくさんの種類の野菜を入れなくても、じゅうぶんおいしくできます)

仕事が忙しくて調理する時間がない方は、お気に入りの定食屋さんを見つけて行くのもいいと思います。(私は以前それが楽しみになっていました。)

「楽して簡単に~」というものは、たいてい言葉だけで、その先には「後悔」が待っています。

いつもの「習慣」を見直して、楽しみながら変えていき、本当の健康と美しさを手に入れていきたいですね。

美容・健康の中に潜む罠にはまることなく、皆が健康に毎日を生きてほしいと願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*