「KAWATAとNANAのRAPT理論」に、新しく動画をアップしました。

今回は、原発と原爆について、お話ししています。

「RAPTブログ」では、原発も原爆も、実は存在せず、被ばくも存在しないという、衝撃的な真実が解き明かされました。

私はこの真実を、初めて知ったとき、衝撃を受けると同時に、喜びに満ち溢れました。

「3.11東日本大震災」の津波によって、「福島第一原発」が壊滅し、日本中が放射能汚染されてしまったのだと、完全に洗脳されていたからです。

どこへ出かけるにしても、何を食べるにしても、心のどこかで「放射能汚染されているかもしれない」と不安を抱いていました。

そのような中で「RAPTブログ」を通して原発が存在しないことを知り、「もう心配しなくていいんだ!」と確信し、このことをもっとたくさんの人に知ってほしいと願っていました。

そして今年の1月19日に、RAPTさんとNANAさんとご一緒させていただき、「福島第一原発」がある、「福島県大熊町」へ行くことができました。

大熊町は、原発事故から8年経った現在も、「帰還困難区域」に指定され、一部の場所は、車での通過は許されているものの、奥地への立ち入りは禁止されたままです。

実際に、道路の至るところに、この先立ち入り禁止の看板が立てられ、監視員らしき人たちも立っていました。

しかし、動画の中でもお話ししているように、「帰還困難区域」から出るとすぐにコンビニや住居があり、みんな普通に生活しています。

そして、放射能汚染されているはずの場所は、緑が生い茂り、とても空気が澄んでいました。

撮影のために長時間、「帰還困難区域」に滞在しましたが、私たち3人とも放射能の影響は全くなく、今でもとっても元気に活動しています。

実際に現地に行ってみることで、放射能汚染や被ばくの話しは嘘なのだと、ハッキリと証明することができました。

過去に、「RAPTブログ」の記事や、ツイッターで紹介されていた情報を元に、原発も原爆も存在しない証拠をまとめて、記事を書かせていただきました。

〇原発も原爆も存在しないと断言できる幾つもの証拠(1)

〇原発も原爆も存在しないと断言できる幾つもの証拠(2)

〇原発も原爆も存在しないと断言できる幾つもの証拠(3)

今回の動画でお話ししている内容は、RAPTさんが解き明かしてくださった原発の真実と、原子力が存在しない証拠で、特に目で見て分かるものを、集めてご紹介しています。

私たちは、これまでずっと「原子力は、得体の知れない恐ろしいものだ」と思い込まされてきました。

「原子力」は、「イルミナティ」たちが私たち庶民を支配し、お金を搾り取るために作り出した巨大な嘘だったのです。

RAPTさんは、どうして「原子力」が存在しないと言えるのか、その根拠を、ブログ記事と、YouTubeの読者対談で、とてもわかりやすくお話ししてくださっています。

原発も原爆も存在しないと一度分かってしまうと、マスコミや政府が流す情報が、いかに嘘かよく分かります。

こちらの動画は、福島第一原発で事故が発生した後、住民たちは強制避難させられましたが、そのときに置き去りにされてしまった動物たちの様子を捉えています。

人に飼われていた動物は、自分で餌を調達できなかったり、すぐに病気にかかってしまうこととあり、餓死、病死するものが出てきてしまいますが、大半の動物たちは、たくましく生き残っていたのです。

放射能汚染されて危険なはずなのに、生き残っている動物たちの様子を見ても、被ばくしているようには見えません。

「帰還困難区域」内の様子を、上空から撮影した写真からは、植物の力強い生命力を感じます。

〇人が消えた福島の町、緑がのみ込む 原発事故7回目の夏

また、植物が増えると共に、野生動物も増加しているそうです。

〇野生動物の増加悩み イノシシの生息域拡大、捕獲追い付かず

本当に放射能汚染されてたら、駆除しないといけないほど、動植物が増え広がるはずがありません。

福島は、元々果物の名産地です。

大熊町では、一部の場所で、避難指示が解除されており、そこではイチゴの栽培、出荷が始まったそうです。

〇イチゴ出荷始まる 福島・大熊町の植物工場 避難指示一部解除で復興策

福島は、桃の産地としても有名で、今年も皇室に献上されたそうです。

〇献上桃あかつき 桑折で令和初の選果式

現在の福島の様子を見てみると、明らかに放射能汚染などされていないことがお分かりいただけると思いますが、実は、同じようなことが、あの、「チェルノブイリ」でも起こっているのです。

「チェルノブイリ原発」では、深刻な事故が起こり、たくさんの人々が被ばくしたと言われています。

〇Wikipedia-チェルノブイリ原子力発電所事故

また、原発から30キロ圏内は、「デッドゾーン」と呼ばれて、住民たちは強制避難させられました。

実は、その「デッドゾーン」内では、多くの住民たちが、避難を拒否して、平和に暮らしているのです。

彼女たちは、畑で野菜を育てたり、家畜を育てて、生活を補っています。

ここで暮らしている人たちは、放射能など全く恐れていないそうで、平和な暮らしが、写真から伝わってきます。

〇【現地取材】チェルノブイリ立入禁止区域で勝手に暮らすおじいさん / 動物に囲まれてのどかに暮らす「かわいそうだから飼った」

ロシアは、現在も国民の生活水準が低く、男女共に、平均寿命がとても短いです。

男性の平均寿命は、66歳で、栄養不足や、アルコール中毒、犯罪の増加など、長生きできない要因に満ち溢れているそうです。

〇世界の平均寿命ランキング・男女国別順位、WHO 2018年版

そのような国の中でも、最も危険だと言われている区域内で暮らしている人たちが、国の平均寿命を遥かに超えて、70歳、80歳になっても元気に生きているのです。

また、チェルノブイリ周辺は、いろいろな野生動物が観測できる、まさに動物たちの楽園となっているそうです。

〇事故から30年、チェルノブイリが動物の楽園に

ご紹介している動物以外にも、ビーバーやイノシシ、カワウソや、バイソン、クマなど、挙げればキリがないほどの動物たちが生息しています。

そのようなチェルノブイリが、現在は人気の観光スポットとなっているそうです。

〇立ち入り禁止区域で自撮りに夢中、チェルノブイリに観光客急増

〇活気づくチェルノブイリ 立入禁止区域が人気観光地に

「チェルノブイリ原発」で事故が起こった当時、事故処理や除染作業に駆り出された人たちは、600万人にのぼったそうです。

作業に従事させられた人たちは、皆深刻な被ばくをしたそうなのですが、事故から30年経った今も、彼らの多くは元気に暮らしているのです。

〇チェルノブイリ原発事故、その「後始末」に送り込まれた元作業員たちの現在

「放射能」は、目には見えないので、余計に恐ろしく感じてしまいますが、その正体についても、RAPTさんがわかりやすくお話ししてくださっています。

詳しくは、こちらの記事をお読みになってみてください。

〇RAPT×読者対談〈第66弾〉電磁波も放射能も宇宙も危険ではない可能性大。

放射線量が計測できる「ガイガーカウンター」も、実は電磁波に反応する仕組みであることが明らかになっています。

電磁波なんて、ありとあらゆるものから発せられていますから、どこにいても、ガイガーカウンターは反応します。

強力に電磁波が発生する電化製品や、発電所などでは、数値が跳ね上がります。

中には、ガイガーカウンターが、電磁波を感知しているだけなのに、電化製品から放射線が出ていると、怯えてしまっている人もいるようです。

原子力発電所では、発電はされているのですが、原子力が用いられているというのは、真っ赤な嘘で、塩と水を使った大変エコな方法で発電されている可能性が高いのです。

「塩水発電」の技術については、「RAPTブログ」の、こちらの記事をお読みになってみてください。

RAPT×読者対談〈第99弾〉原発も水素自動車もその燃料はただの水と塩。

現在では、「原子力が危険なものである」ということが常識となっていますが、一昔前のアメリカでは、核実験が「観光名物」だったのです。

アメリカの「ネバダ核実験場」では、これまでに、928回も核実験が行われてきました。

そしてそこから、車を1時間45分走らせたところに「ラスベガス」があります。

当時ラスベガスでは、「ネバダ核実験場」で行われる核実験を一目見ようと、たくさんの観光客が押し寄せました。

こちらの記事では、アメリカ人にとって「原爆」がとても身近な存在であったことが、写真と共に紹介されています。

ラスベガスでは、「核まつり」なるものが開催され、ミスコンで選ばれた女性は「ミス核爆発」という称号をもらったそうです。

核実験の一番の見所は、「キノコ雲」が上がるところです。

その一番の見所を、観光客が見逃すことがないように、実験のタイムスケジュールまで案内されていたそうです。

そのような歴史のある「ラスベガス」は、現在も、世界中から多くの観光客が訪れますが、誰も被ばくをしたという話しは聞きません。

また、アメリカでは、深刻な原子力事故に巻き込まれた男性が、奇跡的に生還し、その後も体に被ばくの症状が全く出ることなく、晩年を過ごした記録が残されています。

〇【被ばく】事故で致死量の放射線を浴びても回復した“アトミックマン”の地獄の晩年! 米政府や人々の冷徹さが浮き彫りに!

実はこの日本でも、原爆によって被ばくした人たちがごく普通の人と変わりのない生活をしています。

原爆が投下された広島と長崎では、多くの人が被ばくしたとされています。

本当に被ばくしたのであれば、被ばく特有の症状が現れて、早くに亡くなってしまってもおかしくありません。

しかし、全国の平均寿命と、広島、長崎の平均寿命を比較してみると、原爆が落とされていない他の県とほとんど違いがないことが分かります。

〇都道府県別平均寿命

広島は、全国平均を上回る、長寿県でもあります。

たしかに、原爆の熱線や爆風で沢山の人が亡くなったのは事実ですが、上記の表を見てみると、被ばくの影響は全くないと言えます。

現在の広島や長崎の中心部は、開発が進められて、立派な都市となっていますが、原爆による放射能汚染の話はどこへ行ってしまったのでしょうか?

<広島の中心部>

<長崎の中心部>

広島と長崎に落とされた原爆には、それぞれ、「ウラン235」と、「プルトニウム239」が用いられていました。

そして、それぞれ放射能の半減期が、7億年と2万4千年です。

また、福島原発の事故で放出された、「セシウム137」の半減期は30年です。

なので、本来なら、危険な放射性物質が残留しているはずなのですが、どう見ても、そのような様子はありません。

原爆が投下された広島の中心部では、半年後には次々とバラックが建てられ、市場が開かれ、たくさんの人がひしめき合う、活気のあふれる場所となっていました。

〇原爆投下から半年後と1年後 市民を捉えた25枚

何十年も「草木一本生えぬ」と言われていたのに、次々と家庭菜園が作られていますし、当時被ばくした木が、今でも生き続けていたりもします。

しかも、被ばくして生き残った木は、一本や二本ではなく、何本もあり、被ばくした樹木の「リスト」まであるのです。

被爆樹木リスト

原発や原発が存在しないと一度分かってしまうと、マスコミや政府が流す情報が、どこまでも矛盾だらけであることに気付かれるかと思います。

「イルミナティ」たちが、このような巨大な嘘を作り上げたのは、いろいろな目的があり、巨額の税金を巻き上げるため、そして土地を強奪するために、原子力の嘘が利用されてきました。

「福島第一原発」の事故のきっかけとなった「東日本大震災」は、人工地震であることが「RAPTブログ」で明らかになっています。

一番大きな被害を受けた福島県では、「イルミナティ」たちが重要拠点を作る計画が進められてきました。

しかし、福島には、すでに多くの人が住んでいて、新たな拠点を作れるほどの土地を一度に買い上げるのは不可能です。

そこで、彼らは人工地震によって巨大な津波と原発事故を起こして、その場に住む人たちの命を奪い、土地を奪ってしまおうと計画したのです。

〇RAPT BLOG 人工地震「3.11」を起こした真の目的は「秦氏=ロスチャイルド」による福島遷都のための土地の巻き上げでした。

「イルミナティ」たちは、過去に何度も人工地震や人工災害を起こしては、庶民から土地を強奪してきました。

原発事故も、その計画の一環だったわけです。

本当は危険ではないのに、原発事故が起こったから危険だと嘘をついて、周辺の土地から住民を強制的に追い出してしまったのです。

それだけでは飽き足らず、津波によって家が倒壊し、帰りたくても帰れない人たちが、家を解体し、更地にして所有している土地の「固定資産税」を大幅に引き上げることで、もっと住民が土地を手放すように誘導しています。

〇3.11被災 固定資産税の減額終了へ 原発避難者、税6倍にも

また、原発周辺の土地は、風評被害により、地価が半値近くまで暴落しているところもあるそうで、それを狙っていたかのように、政府が買い上げているそうです。

〇宅地買い取り「平時」の半額で 福島・中間貯蔵施設用地

〇東北被災地の買取価格安すぎるため「被災者難民化」の懸念も

このように、着実に、政府による土地の強奪計画が進められているわけです。

この原発に関する問題は、福島に住んでいる人だけでなく、日本国民全員に大きく関わっています。

福島第一原発の事故を機に、日本中の原発に投入される税金の額が、大幅にアップしました。

〇原子力・再生可能エネルギーに使われる税金は? 2019年度政府予算案

安全対策や、万が一の避難訓練など、いちいち億単位の税金が湯水のように使われ続けているのです。

こちらの表をご覧いただくと、私たちの血税がどれほど原発に流れているのかが、はっきりとお分かりいただけます。

このお金は、原発が存在しない以上、全てイルミナティの懐へ流れているわけです。

先日、原発マネーが電力会社の幹部に流れているというスキャンダルが報道されましたが、そのようなことが戦後何十年と行われ続けているのです。

〇原発マネー還流発覚で関電崩壊、原発消滅カウントダウン始まる

実は、この日本では、日々庶民の生活が苦しくなっていく一方で、富裕層が急増しているそうなのです。

〇準富裕層が増加?「富裕層」の数は日本が世界有数

増税によって、本当に苦しい生活をしている人が大勢いる中で、億単位のお金を右から左にすぐに動かせる「億万長者」が、日本に316万人もいるというのです。

この人数は、アメリカに次いで2位です。

「RAPTブログ」では、「イルミナティ」たちがどれほど卑劣で卑怯な方法でお金儲けをし、私たちからお金を搾り取っているのか、ことごとく暴いてくださっています。

日本では、原発利権によって、ろくに働かなくても、莫大な報酬や裏金が、一部の権力者や上級国民に流れる仕組みとなっています。

先日の原発マネーのスキャンダルは、氷山の一角にすぎません。

私たちは、「原子力」という洗脳のせいで、「イルミナティ」たちから食い物にされ、一生懸命働いて得たお金を搾り取られ続けているのです。

原発も原爆も存在しないという真実が明らかになった以上、このようなことは絶対に許されません。

今回の動画をきっかけに、さらに真実が広まり、一人でも多くの人が不安や心配から開放されますことを、切に願います。

「RAPTブログ」では、原発、原爆が存在しない証拠を、シリーズに分けてお話しして下さっています。

ブログ記事と併せて、「YouTube」でも、お話ししてくださっています。

以下のリンクからお読みいただけますので、「RAPTブログ」を通して、是非ともさらなる真実を知っていただきたいです。

RAPT×読者対談〈第56弾〉原発も原爆も存在しない。(前編)

RAPT×読者対談〈第57弾〉原発も原爆も存在しない。(後編)

RAPT×読者対談〈第61弾〉原爆被曝はどこまで本当の話なのか?

RAPT×読者対談〈第62弾〉原発と原爆を生んだ相対性理論はデタラメの可能性大。

RAPT×読者対談〈第65弾〉戦後復興もすべては天皇家一族の儲け話。

RAPT×読者対談〈第66弾〉電磁波も放射能も宇宙も危険ではない可能性大。

RAPT×読者対談〈第69弾〉科学の嘘はすべて原発に通ずる。

RAPT×読者対談〈第70弾〉ノーベル賞創設の目的はアインシュタインの嘘を隠蔽するため。

RAPT×読者対談〈第71弾〉嘘と矛盾だらけの核技術。

RAPT×読者対談〈第72弾〉この世の支配層が大金をぼったくる仕組み。

RAPT×読者対談〈第74弾〉この世の支配層による口封じの実態。

RAPT×読者対談〈第77弾〉ケムトレイルとイヤシロチと福島原発事故(1)

RAPT×読者対談〈第78弾〉ケムトレイルとイヤシロチと福島原発事故(2)

RAPT×読者対談〈第79弾〉カタカムナとあらえびすとイヤシロチ詐欺。

RAPT×読者対談〈第99弾〉原発も水素自動車もその燃料はただの水と塩。

RAPT×読者対談〈第100弾〉原爆はただのマグネシウム爆弾。石油の原料もただの海水。トヨタの水素自動車もただのパクリ。

RAPT×読者対談〈第103弾〉イルミナティはもういらない。

また、以下の記事も「原爆も原発も存在しない」シリーズを補完する重要な記事になります。

〈特別企画・電力会社×RAPT対談〉今こそ我々はすべての電力を自給自足すべきである。

「麻生太郎」こそ人工地震「3.11」と「熊本地震」を起こした主犯格である可能性大。

「麻生太郎」一族が「関東大震災」「阪神大震災」「東日本大震災」の主犯であると見られる幾つもの証拠。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*