「KAWATAとNANAのRAPT理論」に、新しく動画をアップしました。

今回は、国民的アイドルグループ「嵐」のメンバー「櫻井翔」の裏の顔と、国民を不幸に陥れた元凶である政治家、「中曽根康弘」との深い関係について、お話しています。

なんとも意外な組み合わせですが、そこには日本の「闇」、「利権」が深くかかわっていました。

先日、国民的アイドルグループ「嵐」が、2020年12月31日で活動休止するという発表をしましたね。

二年も先のことを突然発表したことで、「嵐」にさらに注目が集まり、ファンクラブの会員が、15万人も増えたそうです。

これから、コンサートチケットやグッズの転売が、横行することが予測されます。

○嵐、ファンクラブ会員数15万人増 ドームツアーのチケット狙いか

そんな話題となっている「嵐」のメンバーの中で、一番人気で活動的なのが、「櫻井翔」です。

○【2019年最新】嵐メンバー人気ランキング♡一番人気なメンバーは誰?

「櫻井翔」の家族は、庶民とはかけ離れた、「エリート一家」で知られています。

<父の「櫻井俊」と「櫻井翔」>

○嵐・櫻井翔のおばあちゃんが「エリート一家のルーツ」を明かした

◯櫻井翔 祖父は群馬上毛新聞の重役だった?母親の実家は?

○「JAL123便墜落事故」現場のカラー写真を世界で初めて公開した「上毛新聞」

◯櫻松苑

◯櫻井翔、両親にプレゼントした豪華別荘の土地は中曽根康弘元首相から購入

世の中のニュース番組、雑誌や新聞では、ぜったいに知ることのできない「真相」「裏の繋がり」を、ことごとく明らかにして書かれているのが、「RAPT BLOG」です。

今回の動画内でご紹介した情報の詳細は、以下のリンクから、お読みいただけます。

○RAPT BLOG JAL123便墜落事故の真実を「墓場まで持っていく」と言った中曽根康弘こそ、JAL123便撃墜の首謀者ではないのか。

○RAPT BLOG JAL123便墜落事故の真相。すべては「天皇派」と「教皇派」との戦いに原因がありました。

○RAPT BLOG JAL123便墜落事故で死亡した520人は、出雲族の神「国常立尊」を蘇らせるために殺害された可能性大。

○「JAL123便墜落事故」の真相を闇に葬り、暴利をむさぼった犯人は「生長の家」です。

○【JAL123便墜落事故の裏側】1985年の真実と黒幕「統一教」について

○【JAL123便墜落事故の裏側2】日本航空の内部にうごめく「統一教」の影

○RAPT×読者対談〈第114弾〉癌という病気は存在しない。(前編)

○RAPT×読者対談〈第115弾〉癌という病気は存在しない。(後編)

○RAPT×読者対談〈第131弾〉小林麻央の死は悪魔への生贄である。(悪の巨塔・日野原重明と市川海老蔵の深いつながり)

○RAPT BLOG ガン利権と保険金不払いで儲けるアフラック。黒いアヒルは彼らそのもの。

○RAPT×読者対談〈第121弾〉清和源氏と日本会議と蝦夷共和国と緑の星。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*