前回の記事では「癌」という病気は天皇家がボロ儲けするために造られたシステムであり、暗躍しているのが「生長の家」である可能性が高いということを書きました。

今回、またもや安倍晋三が自民党総裁に就任し、話題となった「日本会議」は「生長の家」を母体とする政治団体です。

これまでも多くのメディアが取り上げてきましたね。

彼らの持つ危険な思想。

それが現代の日本で実現されつつあるのです。

日本会議がどのような主張しているかご存知ですか?

・国民主権

・基本的人権

・平和主義

これらをすべてなくさなければならないと。

そして彼らが崇めるのは、悪魔崇拝者の親玉「天皇」です。

天皇についてはこちらをご覧ください。

○RAPT BLOG 天皇が行う「大嘗祭」はまさに悪魔崇拝そのものです。

 

この表をご覧いただくと分かるのですが、この日本を牛耳っている「安倍晋三」と「麻生太郎」が中心となっていますね。

これだけで、今の日本がどれだけ危うい状況なのかお分かりいただけると思います。

結論から言いますと、彼らは戦争を起こそうとしています。

○RAPT BLOG 安倍晋三・稲田朋美をはじめ緑の勢力が「第三次世界大戦」を引き起こそうとしている厳然たる事実。

多くのメディアで、日本会議は危険だと報道されるものの、彼らの危険思想の源泉となっている部分に触れている情報はあまり見かけません。

今回は日本会議の母体である「生長の家」について詳しく書いていきたいと思います。

①「日本会議」の思想の源泉は「生長の家」初代教祖「谷口雅春」にあり。

<谷口雅春>

谷口雅春とは、大本教の教祖「出口王仁三郎」に弟子入りし、大本教の思想にどっぷりと浸かった人物です。

(ちなみに「出口王仁三郎」は身体は男で霊魂は「女」と自称するオカマだったようです。)

<左:出口王仁三郎>

○RAPT×読者対談〈第106弾〉出口王仁三郎と日本軍による世界征服計画とその失敗。

谷口雅春は多くの政治家や活動家のカリスマ的存在となり、その思想が今の日本会議に受け継がれているのです。

庶民の人権を無視する「国家主義」、「全体主義」、天皇を崇める「皇国史観」というコテコテのファシズムです。

では、彼が宗教に目覚めた経緯を見てみましょう。

———————————-(以下こちらから転載)

20歳の時に17歳の前科もちの娘の房江と同棲することになり、妊娠、流産騒ぎをおこし、支援をしていた石津家からも見放され、警察沙汰となった。

この一連の騒動により、娘の房江は親元の借金のかたとして台湾の芸者として売り飛ばされ、谷口は大学で常に首席の優等生であったが、中退せざるをえなくなった。

大阪の摂津紡績で技術工として働くが、二人の女性問題が絡んで再び転落する。

妓楼で性病に罹患してしまい、他の女性へもそれを移したと思い込み苦悶する。

「遠隔から彼女を治すことができないか」と考えたのがきっかけで、心霊療法や催眠術に関心を持つ。

このような零落な人生に対し、失われた自己の尊厳の回復を求めていた時に、大本教を知り京都府綾部を訪ね求道生活に入る。

———————————-(転載ここまで)

とんでもない過去の持ち主ですね。

宗教に目覚めたきっかけが遊女にうつされた性病だなんて‥。

彼は大本教に疑念を抱いて脱退したと書かれていますが、それは弾圧された大本教の思想を守り受け継ぐためだったと考えらえれます。

そして日本に「ニューソート」というデタラメな「自己啓発」を広めていきました。

この思想に大きく影響されたのが、前回の記事で登場した「稲盛和夫」です。

(画像検索すると、いちいち女っぽいしぐさの稲盛和夫がたくさん出てきます。)

 

○RAPT×読者対談〈第118弾〉この世はどこもかしこもフリーメーソンだらけ。または盛和塾と自己啓発と神智学協会。

谷口雅春はニューソートの一環である、「ポジティブシンキング」などの成功哲学を「光明思想」と名付けました。

②「生長の家」=日本の「イルミナティ」です。

では「光明」とは一体何か?

実はいろいろと意味が隠されています。

Wikipediaには、以下のように書かれています。

———————————-(以下こちらから転載)

光明(くゎうみゃう)とは、仏が発する光で、大乗仏典では智慧や慈悲の象徴として、瞑想中の全身から光明を放つ場面が描かれる。

転じて「光明を得た」といえば比喩的に覚ったことを表すこともある。

『倶舎論』によると自ら光を発するもの(太陽など)を光といい、その光を反射するもの(月など)を明という。

———————————-(転載ここまで)

悪魔崇拝である仏教からきた言葉であり、偶像崇拝のシンボルでもある、「太陽」と「月」という意味の隠されています。

○岡本太郎の「太陽の塔」に隠されたアガルタ。悪魔は絶えず芸術作品からも私たちに囁きかけています。

この世には「光明」と名付けられたものがこんなにたくさん存在します。

○光明と名がつくもの一覧-Wikipedia

韓国版の生長の家は、「光明会」と呼ばれています。

○韓国光明会からお見舞い来る-谷口雅宣ブログ

生長の家原理主義者である「稲田朋美」の夫、「稲田龍示」が所属する弁護士法人も「光明会」。

○弁護士法人「光明会」

<稲田夫妻>

「光明」とは一体‥。あっという間に結論に到達しました。

———————————-(以下こちらから転載)

イルミナティは、現実の歴史、およびフィクションに登場する秘密結社の名称。

イルミナーテン、光明会、啓明結社。

———————————-(転載ここまで)

「イルミナティ」の語源は「illuminate」つまり、光、「光明を投ずる」という意味です。

「光を投ずる者」それは悪魔の親玉「ルシファー」を意味します。

「光明思想」を掲げる「生長の家」は、悪魔の思想を持った「イルミナティ」そのものなのです。

こちらにイルミナティの思想について、詳しく掲載されています。

少し長いのですが、重要な部分ですので、転載します。

———————————-(以下こちらから転載)

1776年5月1日、マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドの財政支援のもと、インゴシュタット大学法学部長のアダム・ヴァイ スハウプト教授がイルミナティという秘密結社を創設した。

イルミナティという言葉は、サタン(ルシファー)に由来し、「光を掲げる者」という意味を持っている。

イルミナティの目的は、知的能力を実証された人々 が世界を治める「世界単一政府」を生み出すこととされ、文学・教育・美術・科学・財政・産業の分野でもっとも聡明な人々を含む2000人もの結社員を集め たといわれる。

このイルミナティの共同設立者として、戦闘的救世主ヤコブ・フランクが名を連ねている。

結社結成の日、ヴァイスハウプトは『Novus Ordo Seclorum』というタイトルの本を出版している。このラテン語の意味は「新世界秩序」。

ヴァイスハウプトの掲げたイルミナティの行動綱領は以下の通り。

・すべての既成政府の廃絶とイルミナティの統括する世界単一政府の樹立。

・私有財産と遺産相続の撤廃。

・愛国心と民族意識の根絶。

・家族制度と結婚制度の撤廃と、子供のコミューン教育の実現。

・すべての宗教の撤廃。

これらの行動網領が、後の共産主義の原型となった。

この反体制的な危険性ゆえ、わずか10年で弾圧され、以降、弾圧を逃れるために結社員は似たような秘密結社フリーメーソンに潜り込む。

そして、ヴァイスハウプトはフリーメーソンのロッジでも最高位に昇りつめ、結社員に秘密結社(フリーメーソン)内に秘密結社(イルミナティ)を組織するよ う指示を与えたとされている。

・目的を達成するために、あらゆる政治的・社会的・経済的、その他の問題において、互いにいがみ合う陣営に分断させる。
=分断して統治せよ(分断と混沌)

・対立する陣営に武器を与え、互いに戦わせ、弱らせ、その国民政府と宗教的組織を徐々に自滅に向かわせる。
=両建て作戦(分裂と混沌)

・あらゆる政府の高い役職に就いている人々を支配するために、金銭的及び性的な賄賂を利用する。

一旦、誘惑に乗ると、恐喝、経済的破綻の脅し、秘密の暴露、金銭的損害、殺害の脅しによって操作される。

———————————-(転載ここまで)

現在の日本の政界で行われていること、そのものではありませんか。

彼らの行動パターンは、こちらを読んでいただくと、さらによくわかります。

○RAPT BLOG「シオンの議定書」の概要。ユダヤ金融資本の行動パターンが理解できる重要書です。

③現在の生長の家は、「分断して統治せよ」を地で行く状態を作り上げています。

現在の生長の家は、大きく二つの勢力に分かれています。

教団自体は、三代目総裁の「谷口雅宣」が取り仕切っています。

<谷口雅宜>

現在生長の家は、政治活動から離れ、「リベラルエコロジー化」していると言われていますね。

脱原発を唱え、自然エネルギー事業や、自然を大切にする活動にいそしんでいます。

○生長の家-森の中のオフィス

<森の中のオフィス>

しかし「リベラル」は表の顔にすぎません。

そもそも、生長の家の最高権力を表す「総裁」という言葉は、幕末の「王政復古の大号令」が発表された時代に置かれた、明治新政府の「長」を意味する役職です。

谷口雅春は「天皇主権」を主張し、「明治憲法」の復活を目論んでいました。

その意思が「総裁」という言葉にハッキリと現れていると同時に、現代でも大きな権力を握っているということを意味します。

このリベラル化した生長の家に反発して出来上がったとされる、「谷口雅春先生を学ぶ会」なる組織が存在します。

この「谷口雅春」を崇める政治家や権力者たちが、「生長の家原理主義者」と呼ばれ、「日本会議」の源流となっているのです。

○主な「生長の家原理主義者」一覧

このように、一見二つに分かれて争っているように見えますが、それは彼らのかく乱工作にすぎません。

生長の家の現状をざっくりとご紹介したところで、彼らがどれほど危険で異常な「カルト性」を持った集団であるのか、ご紹介していきます。

④宗教施設内で異常な殺人事件が起こっています。

2016年02月12日 19時05分

12日未明、津市の宗教法人の施設から「母親の首を絞めて殺害した」と警察に通報があり、66歳の女性の遺体が見つかりました。

警察はその場にいた女性の娘で名張市の38歳の女を殺人の疑いで逮捕しました。

12日午前4時すぎ、津市南丸之内の宗教法人の施設から「母親の首を手で絞めて殺害した」と女性の声で警察に通報がありました。

警察が駆けつけたところ施設の2階にある部屋の布団の上で名張市の66歳の女性があおむけで倒れており病院に運ばれましたが死亡が確認されました。

警察がその場にいた女性の娘の38歳の女に事情をきいたところ、首を絞めて殺害したことを認めたため、12日夕方、殺人の疑いで逮捕しました。

警察によりますと女は「お母さんに悪霊がついていてそれをとるために殺した」と供述しているということです。

現場は近鉄名古屋線津新町駅から南東におよそ150メートルの住宅街で警察で詳しい状況を調べています。

———————————-(転載ここまで)

娘が母親を殺す。

異常な犯行ですね。

それも悪霊がついていたから、という理由で。

生長の家では、悪霊がついていたらその人を殺すように教えられているのでしょうか‥?

⑤子供に対する性的虐待、暴力行為が日常的に行われています。

この動画を視聴いただきますと、凄惨な児童虐待について語られています。

説明を聞いているだけで、心が苦しくなってしまいます。

語りかけられている信者と思しき女性の受け答えが、異常に感じます。

まったく事の重大性を分かっていませんし、頭が壊れているとしか思えません。

以下は、動画で説明されている性的虐待、暴行の内容です。

———————————-(以下こちらから転載)

具体的虐待事例

学校が終わったら、真っ直ぐに施設に帰るので、友だちと遊べない。

落としたご飯を、水洗いし、子どもに食べさせようとした。

男の子は全員坊主、女の子はおかっぱ頭を強制。

学校が終わってから早すぎる門限。(走って帰らなければならない) 門限に遅れた子どもを殴った。

子どもたちに作業という名の強制労働をさせた。

鶏小屋、庭の池、寮の屋上の倉庫、自転車置き場を作らされた。

体力の限界まで酷使し、学校の宿題をする時間を与えなかった。

筆者は、中三まで宿題を一度も提出できなかった。

子どもたちが可愛がり、世話していた鶏を、目の前で絞め殺し、ショックを与えた。

中学生女子に対し、処女であるか、不純異性交遊がないか一人一人を男性職員の自室で調べた。(性虐待)

子どもたちのささやかな楽しみを廃止。
恒例の誕生日の基地への招待やクリスマス・パーティーの取りやめ。

たびたび集団で脱走し、職員から隠れるためにゴミ箱に身を隠した。

木彫りの熊の置物で、子どもの頭を叩き、額が割れ血が飛び散った。

病院に付き添い、口止めをした。

子どもたちの就職準備金を着服。

食料を盗み食いした子どもを、「床に突き倒し、何度となく足蹴にし堅い拳をつくって振りかざした。」

小さなものが紛失時、証拠もないのに一人の子を選び、「指導の名のもとに殴る蹴るの折檻を加えた」

犯人が別の子とわかったとき、先の殴った子に、犯人の子を殴らせ、腕をうち砕かせた。骨折した腕は一生治らず、障害者となった。

脱走を図った子の顔面や体をバットで殴打した。

狭い庭で至近距離からのノックをして、子どもにしごきを与えた。

夕方の7時から12時まで勉強させ、分からないと殴った。

学校の教師に助けを求めると、学校から事実確認の名目で施設に知らせ、拳骨やバットで殴られた。

中学生の毎月の小遣いを、貯金の名目で預かり、子どもたちに渡さなかった。

小学校高学年の女の子を、上半身裸で廊下に立たせた。

少女を陰湿にいじめ、少女は奇声をあげ、寮内を全裸で走り回り、精神病院に収監された。

掃除中ふざけていた子どもたちのお尻を、バットで思いっきり打った。よけようとした子が腕を骨折したが、病院で口止めをした。

病院から帰った子どもを、さらにバットで殴打し、草むしりをさせた。

退寮後、生活に困った卒園生を「退寮後は世話できない」と受け入れず、寮の前の公園で寝泊まりしているのを無視した。

———————————-(転載ここまで)

こちらにも詳しく掲載されていますので、リンクを張っておきます。

○児童養護施設「生長の家神の国寮」における児童虐待事件の内容

⑥生長の家信者の「内部告発」の内容が異常すぎる。

生長の家の施設では、児童虐待だけでなく、獣以下の行いが当たり前に行われています。

———————————-(以下こちらから転載)

私は、以前 生長の家宇治別格 本山という所に行ったことがある。

そこには、地下に食堂があるのだが 利用時間をとっくに過ぎた頃、(私は利用時間内に入っていた。)5人 くらいの集団で 生長の家東京本部の豚共が入ってきた。

偉そうに、大声で話をしながら慌てる様子もなく、のろのろと歩いてくる そして、だらだらと話をしながら食べ始めた。

一般の信者が急いで食べて いるのに、その馬鹿豚どもは、のろのろと食っているのだ

挙句の果てに、オカズが1人分足りない・・と大声で言い出した。

食堂には、小学生の女の子もいて、その子の分も、食堂が閉まる前だった ので無かったのだ。

しかし、小学生の女の子は仕方がないね。といって 我慢していた・・。

にもかかわらず、東京本部の馬鹿男 飯野~は 大声で おかずを作って!!! と食堂の人間に向かって発言 していた。

食堂の利用時間や、食堂で働く人の気持ちを考えているのか?

はっきり言って、小学生の女の子の方が、職員に見えた。

これでは、どんなに谷口雅春の教えが素晴らしくても、意味を持たない。

高校生練成会というのもある。(高校生を対象にして生長の家の教えを 説くものだ。

生長の家について、詳しく知りたい人は、検索で生長の家と打ちこめばいい。

すぐに、出てくるはずだ)しかしながら、この 高校生対象の練成会は 乱交パーティに過ぎない。

全国から、高校生が集まってくる。

生長の家の真理を勉強する。

そこまでは いいのだが、それが終わりその日の夜。

そこからが、問題である。

まず、殆どの高校生がその日の夜に、宇治別格本山の大講堂という場所で セックスをする。

職員までも、入り混じるケースもある。職員には、AVに出演していた 女性もいる。

———————————-(転載ここまで)

高校生が乱交パーティー。職員も交えて‥。

この乱交は、悪魔崇拝儀式である可能性大です。

日本の仏教のルーツである「密教」では、「乱交」が儀式として行われます。

○RAPT BLOG〈閲覧注意〉日本の密教もまた悪魔崇拝そのものです。

上記の内部告発に登場する「宇治別格本山」には、「宝蔵神社大拝殿」という巨大な建物が建てられています。

その面積を見て、「ああ、やっぱりな」と思いました。

「96.69平方メートル」。

悪魔崇拝者が好んで使う「6」と「9」を意識して設計されていました。

地下にも部屋があるとのこと。

<宝蔵神社大拝殿>

⑦森友学園問題で話題となった「籠池泰典」は生長の家の信者であり、彼も日常的に児童虐待を行っていた。

(画像内の左奥に谷口雅春の写真が飾られています。)

<籠池泰典>

籠池泰典が生長の家信者であることは、メディアでハッキリと明かされています。

以下のリンクからご覧ください。

○政教ノート-生長の家信仰を隠さなかった籠池泰典元理事長。

彼が行っていた「教育」という名の「虐待」が、以下の動画に収められています。

幼児たちをお尻で突き落としたり、水を浴びせたり…。

これが教育とは思えませんし、よく見ると子供たちは水着ではなく、男の子も女の子も下半身に下着しか身に着けていないように見えます。

何もかもが「虐待」にしか見えません。

このような子供たちの精神を破壊しかねない「虐待」を行ってる宗教団体が「日本会議」の母体なのです。

そうなると、この「虐待」という行為が「合法化」される危険性があります。

⑧「日本会議」に所属する面々が創設した、「体罰の会」なる組織が存在します。

「体罰の会」。

この衝撃的な名前の組織は、文字通り子供たちへの暴力を容認する組織です。

彼らの異常な発言が以下のサイトにまとめられています。

○NAVERまとめ-体罰を推奨!有名人も多数所属する『体罰の会』の過激な主張

———————————-(以下こちらから転載)

「安倍首相は真ん中」「体罰は当然」 海外メディアも注目「日本会議」トップが語ったこと

トップが答えられなかった「女性」と「子供」

テンポよく、答えていた田久保さんだが、最後の質問だけは答えに窮した。

日本会議の会員のなかで体罰を肯定する人もいる。子供の権利、そして女性の権利についてもどう考えるか教えてほしい。

「いやぁこれは……。お恥ずかしながら、把握しておりません。日本会議は体罰をどうしろと言っているのですか?」と記者に逆質問をする。

記者は、「子供に体罰を受ける権利がある」と主張する「体罰の会」会長の加瀬英明さんの名前をあげる。

ちなみに田久保さんは「体罰の会」の顧問だ。

「加瀬くんは日本会議のメンバーですが、体罰については日本会議の見解ではない。個人的な見解を申し上げれば、子供のお尻を叩くくらいの体罰は、やって当然だ」と述べた。

———————————-(転載ここまで)

この「体罰の会」の会長である「加瀬英明」は、「日本会議」の代表委員でもあります。

なんと彼の親族(従姉)には「ジョン・レノン」の妻「オノ・ヨーコ」がいます!!

⑨「オノ・ヨーコ」は生長の家と同じ「ノーミート食」を推奨しています。

<オノ・ヨーコ>

皆さんは「ノーミート」という言葉を聞いたことがありますか?

生長の家や大本教では、「肉食=堕胎」「肉を食べると性格が狂暴になる」「家畜がかわいそう」「家畜の飼育によってCO2が増加し、地球温暖化につながる」などという大嘘の下、信者たちに肉を食べないよう呼び掛けています。

谷口雅春は、魚や乳製品も好ましくないという「ヴィーガニズム」に近い考えを述べています。

このような間違った健康法は、全て悪魔崇拝への入り口です。

○RAPT×読者対談〈第87弾〉過剰な健康・環境ブームも悪魔崇拝から始まった詐欺目的のデタラメ話。

「オノ・ヨーコ」も「生長の家」と全く同じ言い分で「ノーミート食」を勧めています。

———————————-(以下こちらから転載)

英国の首都・ロンドンで15日、「週に一度はノーミート(肉を食べない)」活動の開幕式が開かれた。

この活動はビートルズの伝説的人物の故ジョン・レノンの妻のオノ・ヨーコ氏が発起したもので、週1日は肉を食べないことが活動内容だ。

調査研究によると、肉を食べる日を週1日減らすと、家畜の飼育頭数を減少させ、温室効果ガスの排出が削減できるという。

<「週に一度はノーミート」活動の開幕式に参加する、ビートルズのメンバー、ポール・マッカートニー(前列中央)とその娘のステラ(前列右)、メアリー(前列左)。>

———————————-(転載ここまで)

以下の画像は、「生長の家」の信者が食べている「ノーミート食」です。

<ノーミート食の一例>

画像から哀愁が漂ってきますね。

このヴィーガニズムを汲んだ「ノーミート食」は非常に栄養の偏ったもので、続けるとかならず病気になります。

○厳格なベジタリアンは生命の危険?人体に異常や脳機能低下、20年寿命が縮む?

生長の家では、この「ノーミート食」を利用して、一般の子供たちを集める活動をしています。

○生長の家-長坂子ども食堂

定期的に「タダ」でノーミート食を配布して、お腹をすかせた子供たちを集めては洗脳工作を行っているのです。

一見タダで食事を配布しているので、社会に貢献しているように見えますが、その裏側では「児童虐待」が行われています。

表の顔に決して騙されないでください。

⑩「オノ・ヨーコ」の夫である「ジョン・レノン」が作詞した「イマジン」。その歌詞に込められているのは、大本教、生長の家の思想です。

「イマジン」。

誰もが聞いたことがあり、歌ったことがあるでしょう。

———————————-

想像してごらん 天国なんて無いんだと
ほら、簡単でしょう?
地面の下に地獄なんて無いし
僕たちの上には ただ空があるだけ
さあ想像してごらん みんなが
ただ今を生きているって…

想像してごらん 国なんて無いんだと
そんなに難しくないでしょう?
殺す理由も死ぬ理由も無く
そして宗教も無い
さあ想像してごらん みんなが
ただ平和に生きているって…

僕のことを夢想家だと言うかもしれないね
でも僕一人じゃないはず
いつかあなたもみんな仲間になって
きっと世界はひとつになるんだ

想像してごらん 何も所有しないって
あなたなら出来ると思うよ
欲張ったり飢えることも無い
人はみんな兄弟なんだって
想像してごらん みんなが
世界を分かち合うんだって…

僕のことを夢想家だと言うかもしれないね
でも僕一人じゃないはず
いつかあなたもみんな仲間になって
そして世界はきっとひとつになるんだ

———————————-

これは平和を歌ったものなんかではありません。

先に紹介した「シオンの議定書」や「大本教」「生長の家」の危険な思想が詰まった歌なのです。

この歌が表しているのは、悪魔崇拝者たちが作り出そうとしている救いのない地獄の世界です。

「ジョン・レノン」もまた、悪魔崇拝にどっぷりと心酔していた一人です。

○RAPT BLOG ビートルズを使った洗脳工作の実態。またはビートルズを大々的に宣伝する村上春樹について。

○RAPT×読者対談〈第88弾〉悪魔崇拝を世界中に広めたニューエイジ・ムーブメントの恐怖。

彼はこの世が狂人によって支配されていると暴露しています。

その正体とは、「生長の家」なのです。

彼が語る「狂人」とは、この日本にも潜んでいました。

自分の妻もその一人だった‥。

そして彼はあっけなく消されてしまいました。

これらのことは、日本に住んでいる以上は、誰ひとりとして他人事でいられる人はいません。

「生長の家」はありとあらゆるところに手を伸ばして、日本を支配しています。

決して野放しにしていてはいけません。

彼らがどれほど危険な存在なのか。

次回、さらにご紹介していきたいと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*