わたしは3年前、「スピリチュアル」にハマり、大金をボッタくられ、精神もおかしくなり、地獄のような日々を送っていました。

答えを求めて「スピリチュアル」の知識を学ぶたびに、わけがわからなくなり頭の中が混乱していきました。

そのような中で今やっていることがまちがいなのではないかと思いはじめ、インターネットで真実を探しもとめるようになりました。

それはそれで、あまりにもたくさんの情報があふれていて、さらにわからなくなっていきました。

「もう限界だ‥。」

そう思ったときに出会ったのです。

その記事はいまでも忘れられません。

わたしに真実を教えてくれたのは「RAPT BLOG」でした。

それからというもの、記事をどんどん読みすすめ、自分でもこの世の中のことを調べてみたいと思うようになりました。

ネットの海は広大です。

いろいろな情報があふれていますが、「RAPT理論」をあてはめれば、あら不思議。

自然と背景や物事の真相がわかってしまうのです。

まさに「RAPT理論」は「神業」です。

ありとあらゆることがわかりやすく理路整然と書かれており、読むたびに感動が押し寄せてきます。

この世の善と悪をはっきりと裂いてくださり、悪人たちが行ってきた悪事を尽く暴いてくださっています。

最近は個人的に、この世の中の人物や企業、宗教がどのように「悪魔崇拝」とかかわっているのか調べていました。

ネットでは本当にだれが調べたのだろうかと思うような深い情報を簡単に得ることができます。

しかし、その中には「悪魔崇拝」を広げようとしている危険なサイトも存在することがわかりました。

「悪魔崇拝サイト」の特徴をご紹介します。

①悪魔崇拝について紹介していながら、悪魔を悪いものだとはっきりと断言していない。

「陰謀論」は悪人たちがどのような悪を裏で行っているのかを暴露するものです。

悪人たち、つまり「イルミナティ」や「フリーメーソン」のことです。

彼らが使う暗号やサインは「悪魔」「サタン」を表すものであり、実際に「悪魔」を拝んでいます。

彼らは実際におぞましく残酷な生贄儀式を行なっています。

そして、聖書の神様やキリスト教を激しく憎んでいます。

そのため、悪魔崇拝者とつながっている陰謀論サイトの中には、

「こんなに悪がはびこっているんだ、どうしてそんな世の中に神が存在するだろうか。」

と「神様」の存在を否定しているものも見受けられます。

そして、

「善も悪も両方あっていいじゃないか」

という主張しているものもあります。

善と悪、神様と悪魔をごちゃ混ぜにするような話は、必ず悪魔崇拝につながっていきますので、要注意です。

②「キリスト教」を「日本神話」や他の神話とごちゃまぜにして語っている記事には要注意。

「スピリチュアル」や大本教、生長の家などが関わっているサイトには高確率で「キリスト教」について混乱してしまうような内容の記事が存在します。

「聖書」に書かれていることをねじ曲げて、悪魔教の教えと混ぜて、間違った話をしているサイトがたくさんあります。

「悪魔教」は「キリスト教」をおとしめたいと常に画策しています。

または「悪魔教」のイメージをよくさせるために「聖書」の聖句を利用することもあります。

「キリスト教」は「キリスト教」です。

世界には、いろいろな神話がありますが、そのほとんど全てが、聖書の「神様」のことではなく、「悪魔」を「神」として偽った「神話」です。

③とても詳しく陰謀論が語られているのに、なぜか「天皇」の悪行については一切触れていない。

わたしがはじめて見た「陰謀論」の動画は「9.11」に関する動画でした。

世の中にはこんな悪人がいるのかと興味を持ち見つづけていると、いつのまにか「日ユ同祖論」を経て「天皇万歳」という結末に誘導されていったのです。

当時なにも知らなかったわたしは、あやうく騙されそうになりました。

「RAPT BLOG」を通してはじめて「天皇」の悪行を知り、「天皇」を崇めるように仕向ける「洗脳工作」がネット上に蔓延していることがわかりました。

では、上記のような危険なサイトはどのようなひとたちが作っているのでしょうか。

ほとんどが「大本教」「生長の家」に深く関わっている人たちである可能性が高いです。

真実を知りたいと思って、調べているうちにどんどん悪魔教の考えに蝕まれてしまう可能性があり、危険です。

「大本教」や「生長の家」の信者たちは、はじめは自己啓発やスピリチュアルなど、親しみやすい物を利用して人を集めます。

RAPTブログの登場によって、この日本を悪くしているのが、「大本教」であり、「生長の家」であることが明らかになりました。

日本のほとんどの有名人、政財界の大物たちは、「大本教」「生長の家」と深く関わっています。

彼らは、悪魔を拝み、悪魔が願っている通りにこの世を動かしています。

そして、人々を洗脳して、最終的には

「この世に救いはない」

と思わせたいのです。

「この世に神様はいない」

と思わせたいのです。

この地球で一番おそろしい洗脳です。

徹底的にキリスト教を滅ぼそうとしているのです。

現代の日本人は「宗教アレルギー」か「無宗教」だというひとが多いですが、それもまた「大本教」が広めた洗脳なのです。

そして、この日本に蔓延る宗教団体のほとんどが「大本教」「生長の家」とつながっています。

日本にはたくさんの宗教が存在しますが、どれもこれも重大事件をおこしたり、あやしげな活動をしています。

それはどうしてでしょうか。

本当にその宗教に入ってほしければ、もっと庶民に気にいられるようににいいことをたくさんしたり、そのようにアピールするはずです。

ですが現実には、めちゃくちゃなおこないばかりが目立ちます。

そのようなカルト宗教の行いを見ると、「宗教はろくなことがない」と思うしかありません。

しかも、「カルト」に入信すれば、「悪魔」をおがむことになるので、身も心もボロボロになり救いをうしないます。

また、「カルト」に入信しなくても、彼らのおこないを見て、庶民は「宗教に救いはない」と思うようになります。

どちらの道を選んでも人々が救いの道を失い、見えなくさせるのが「悪魔」の真の目的です。

「聖書」の教えから人々を遠ざけるのが、「大本教」「悪魔教」の目的です。

「大本教」は、現代の日本に広がる新興宗教の生みの親です。

「大本教」自体、今も存在していますが、その教理はありとあらゆる宗教団体に影響を与えました。

「ワールドメイト」の教祖である「深見東州」も「大本教」について語っています。

<深見東州>

—————————————————–(以下こちらから転載)

深見

王仁三郎が言っています。「大本の真の目的は何か。

世界中から宗教というものがなくなったときに、大本の使命が終わる」と。

・・・(中略)・・・

これには、もっと深い意味があるのですが、ここでは割愛します。

—————————————————–(転載ここまで)

宗教がなくなったら「大本教」やその他の宗教団体の人たちが困るのでは?

とふつうなら思います。

しかし、「大本教」の教祖である「出口王仁三郎」は以下のように語っています。

<出口王仁三郎>

—————————————————–(以下こちらから転載)

宗教はみろくの世になれば無用のものであって、宗教が世界から全廃される時が来なければ駄目なのである。

主義・精神が第一であって、大本であろうと何であろうと、名は少しも必要ではないのである。

今までより広い大きい考えで、世を導く精神にならねばならぬ。

大本は大本の大本でもなく、また世界の大本でもなく、神様の大本、三千世界の大本であることを取り違いしてはならない。

(中略)

かかる次第で、神は元は一つの神に統一されているのであるから、別々に争うベきはずのものでない。

—————————————————–(転載ここまで)

「みろくの世」とは「666」(ミロク)=「悪魔の支配する世界」のことです。

「大本教」をはじめ、さまざまなカルト宗教は「悪魔」が作り出したものです。

「神様」の正しい教え、つまり「聖書」の言葉をねじ曲げて利用し、にせものの「宗教」をたくさん作りました。

それは人々が「神様」のことを知ることのないようにするためです。

この世に本物の「神様」の救いがなく、なにを信じても無駄だと思わせるためです。

「悪魔」は神様を激しく憎み「神様」が創造し、愛している人類を堕落させ、人類が「神様」のことをわからなくなるように洗脳してきました。

「本物の神様」ではなく「偶像」を神だといつわって人類に拝ませたのです。

その典型が「仏教」や「神道」です。

神社仏閣に飾られている「ご神体」は神様でもなんでもありません。

ただの「物」にすぎません。

○神社仏閣に潜む悪魔たち。またはアガルタから悪魔のメッセージを伝える人たち。

「悪魔教」の最終目的は、人類が「神様」に出会うことなく完全に救いを失うようにすることなのです。

現代の日本では、若者たちは「無宗教」をつらぬき、老人たちは「偶像」を拝みたおしています。

しかし、どちらも本当の救いを得ることができません。

わたしは「RAPT BLOG」を通して「悪魔」の存在を知り、悪魔を拝む悪魔崇拝者たちがとんでもない悪事を働いていることを知りました。

同時に本当に「神様」が存在することを知りました。

こんなにめちゃくちゃな世の中でも、神様はまだ人類を見捨てることなく、救おうとしてくださっているのです。

RAPTブログに書かれた理路整然とした真実に夢中になりました。

「神様」がいる。

この真実を知った瞬間、これまでの苦しみや疑問が吹き飛びました。

衝撃的な出会いです。

この世界に「救い」があることを知ったのです。

この喜びははかりしれません。

もっとこの喜びをたくさんのひとと分かち合いたいですし、これ以上悪がはびこることを阻止したいです。

一人でも多くの人が、RAPTブログを通してこの世の真実を知ってほしいと願っています。

これからも書き綴って参ります。

3 comments

  1. 自分の両親や親戚連中は、みんな大本ですが彼らのメンタリティは明らかにおかしく、幼少時代から家庭内は争いと貧困の日々で全く平安はありませんでした。
    大本本部の所在地、京都府綾部市にある彼らの礼拝所をみろく殿と呼ぶのですが、みろくは666(ミロク)の意味です。スピリュチャルな人間たちは出口王仁三郎や大本をほめちぎりますが実体は聖書の神(創造主)に敵対しNWO実現の為に偶像礼拝を行うとんでもない団体です。ベトナムのカオダイ教と教理は瓜二つです。なんとか家族をこの団体から抜けるように常に説得をしていますが、カルトにありがちの思考回路は本当に頑なで聞く耳を完全に塞いでいます。

  2. 若杉ばあちゃん の講演会に何度かいきました。 出口の名前や、綾部のこと、色々口走って、最後に、日本は神の国よ!と叫んでいました。
    ☯️の話も肝いりでしたが、子供には牛乳、卵、肉は食べさせるな!と注意受けました。 何だか怖かったです。

  3. 私の周りにいる宗教に入信した方の言動が、入信していない人より、自分にも他人にも暴力的で攻撃的な事にとても疑問を持っておりました。
    ある方はとても穏やかで優しかったのに、旦那さんが亡くなってしまったら、途端に常に不安そうで仕事もまともに出来なくなってしまい、そして旦那さんの後を追うように亡くなりました。これもとても不思議でした。
    なぜ宗教に入信した人の方が誰の目から見ても救われたように見えないのか、Raptさんのblogを読んでとても納得しました。
    その上でこの記事を読み更に深く理解出来ました。
    この記事を読んだのは2ヶ月程前でしたが、ラプトさんの記事を読み始めたのは6月辺りだと思います。
    最初は絶望しかなくて読むのが怖かったりしましたが、読めば読むほど本当に今までの疑問が解けてくスッキリさがありました。
    そして今になって、この記事を読み直した時に前に理解した時以上に、心に響くというか、これが悟るということなのかとハッキリする瞬間に出会えました。あぁ本当に神様がいるんだと、私の苦しみの人生の中でも死なずにここまで生きてこれたのも、意味があったのだと感じて本当に本当に嬉しかったです。
    そこからは、Raptさんの今まで読んだ記事を改めて読んで更に悟ることが出来るようになりました。
    まだRaptさんのすべての記事を読めてないのが悔しいです。というのも、1つ1つの記事に込められた人々を救いたいという思いがすごく伝わってくるようになり、1つの記事を読むたびに考えさせられる事が増えて、とても嬉しい感動と悟りが出てくるからです。
    KAWATAさん、NANAさんの動画とblogのおかげで、Raptさんへと導いてもらえたことに本当に感謝です。本当にありがとうございます!!!
    私がRaptさん、KAWATAさん、NANAさんのblogに出会えて救われたように、より多くの人が救われるように私も頑張りたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*