「小林麻央」さんが亡くなって約1年が経過しました。

ニュースでは「小林麻央を偲ぶ会」なるものがおこなわれたとありました。

—————————————————–(以下こちらから転載)

市川海老蔵「麻央基金」&「ブログの書籍化」を頓挫させた “ネガティブな声” の中身

小林麻央さん(享年34)の「偲ぶ会」が6月23日に都内で行われた。

夫で歌舞伎俳優の市川海老蔵(40)、麻央さんの姉・小林麻耶(38)、長女の麗禾ちゃん(6)、長男・勸玄くん(5)のほか、生前、麻央さんと親しかった仕事仲間や友人約200人が出席。

日本テレビ系『NEWS ZERO』で共演した「嵐」の櫻井翔(36)、TBSの安住紳一郎アナウンサー(44)、歌手の大塚愛(35)ら、親交の深かった約10人がスピーチし、歌手の平原綾香(34)は代表曲『Jupiter』をアカペラで熱唱したという。

会は完全非公開で行われたが、「麻央さんが所属していたセントフォースの社長、現場マネジャー、フジテレビ伊藤利尋アナウンサー(45)、『湘南乃風』若旦那(42)らもスピーチもありました。

会場中央のモニターでは麻央さんの生前の姿がスライドで映し出され、麻央さんの活躍をまとめたVTRが流れる頃には、我慢も限界だったんでしょう、長女の麗禾ちゃん、長男の勸玄くんは涙を流していましたね。

海老蔵さんもハンカチで目を抑えて、VTRをじっと眺めていました」(出席した芸能関係者)

お別れの会は一つの区切りでもあるが、海老蔵の本心は複雑だったようだ。

麻央基金とブログの書籍化

24日、長野県の志賀高原で行われた植樹プロジェクト『ABMORI 2018』に参加した際に海老蔵は、昨年の『ABMORI』でも宣言していた、乳がん患者を救うための『麻央基金』設立の進捗状況について、

「まだ放置しています。やらないといけないんですけど、やろうとすると余計なことを言う人がいるし…」と、進展がないことを明かした。

 また、昨年12月には麻央さんのブログの書籍化についても宣言していたが、

「それも同じなんですね。人々の救いになることもあるけど、違うふうに受け止める方もいらっしゃる」と、反対の声を受けていることを告白し、

「せっかく情熱を、愛情をもってやっていても、逆の効果も昨今、あるじゃないですか。それは彼女(麻央さん)も望んでいない。だから、作ったけど、出しませんでした。多分出さないと思います」

 と苦渋の決断を語った。

一方、その背景について、事情に詳しい広告代理店関係者はこう語る。

「今までに棚上げになっていた基金と出版のことですが、どちらも専門のノウハウがないのに意見をあまり聞いてくれず、自分たちでやりたがるから進まないようなんです。

ネットの書き込みでは、麻央さんの過去の闘病を巡って常に『どんな時期に標準治療や民間療法をしていたのか?』といった疑問の声が強く、“過去のブログをまとめただけの出版では、読者も納得がいかないのでは?” という出版社側との構成上での折り合いが合わず、頓挫したというのが本当のところです。

海老蔵さんも形にしようと頑張っているようですが、実現させるのは難しいかもしれません」

大きな存在となった麻央さんとの思い出を今後、どう形にしてゆくのだろうか。

—————————————————–(転載ここまで)

最近では「海老蔵」が早くも再婚に本腰を入れている、というニュースも見かけます。

「小林麻央」が「乳がん」と診察され死にいたるまで、本人が脚光を浴びただけではなく、彼女をとりまく「小林麻耶」と「海老蔵」にも注目が集まりました。

健気に看病をつづける姉と夫。

かれらは「小林麻央」が「乳がん」をわずらい死ぬことでどれほどの利益を得たのでしょうか。

「小林麻央」の死は一般庶民の死とわけがちがいます。

その裏には「イルミナティ」の大きな利権がからんでいたのです。

「小林麻耶」と「市川海老蔵」は「小林麻央」の看病や死を通して良くも悪くも注目を集めました。

かれらの一挙手一投足にマスコミが注目し、かれらのブログが更新されるたびにさまざまなメディアで取り上げられました。

「RAPT BLOG」では、「小林麻央」は悪魔への生贄として殺されたという衝撃の結末が語られています。

○RAPT×読者対談〈第131弾〉小林麻央の死は悪魔への生贄である。(悪の巨塔・日野原重明と市川海老蔵の深いつながり)

これを裏付ける証拠がさらにたくさん出てきましたのでご紹介します。

今回の「小林麻央」の死で、これまでぶりっ子キャラでどうしようもないイメージだった「小林麻耶」が一変して、「健気に看病するしっかりものの姉」というイメージに塗りかえられました。

妹の子供を一生懸命お世話する「母性」のイメージもプラスされたでしょうか。

そんな彼女は「海老蔵」の大ファン、「憧れの男性」だとテレビ番組で語っています。

—————————————————–(以下こちらから転載)

「ファンですごくかっこいいと思っていて、舞台に立っているだけでかっこよくて」

「雲の雲の雲の雲の上の人だった海老蔵さんと妹が結婚することを聞くと”やったー”と思った」

—-

と、妹の麻央さんと結婚する前からファンだった事を告白!

この発言から「麻耶は海老蔵に気がある」という事を世間に知らせる事となり、現在一人になった海老蔵さんを麻耶さんが狙ってるのでは?と、怪しまれるようになりました。

—————————————————–(転載ここまで)

ふつうの女性なら、妹が自分の憧れだった男性と交際、結婚するなら嫉妬してしまうのではないでしょうか。

あわよくば奪ってしまいたいと、強欲な女性なら思うかもしれません。

とにかく彼女のこの発言はどの女性から見ても「?」と思うしかないでしょう。

そして「小林麻央」の死後、「小林麻耶」も「海老蔵」も本当に悲しんでいるのか?と思われてもしかたがないことをしています。

—————————————————–(以下こちらから転載)

【画像】海老蔵 小林麻央の葬式当日(宝塚記念)に競馬新聞読んでたのがバレる 頭の中はキタサンブラック

女性セブン

小さいカラー写真

葬儀の海老蔵が堀越家玄関に入るサングラス姿あり

手には競馬新聞らしきもの

葬儀の26日は宝塚記念G1

—————————————————–(転載ここまで)

また、以下の様な情報も…。

—————————————————–(以下こちらから転載)

【悲報】市川海老蔵さん、麻央さんの死後すぐに、ディズニーランドで大はしゃぎしている目撃情報が…

269 可愛い奥様@ 2017/06/28(水) 14:46:56.49 ID:O+nFrXZi0

>>140

昨日ディズニーで見かけましたが、海老蔵、麻耶さん、れいかちゃん、かんげんくん、お付きの男性の五人でいました。
かんげんくんはベビーカーに乗っていてお付きの人が押していました。

海老蔵と麻耶さんが仲良く話していましたよ。

275 可愛い奥様 sage 2017/06/28(水) 14:49:07.73 ID:AIBDYnbR0

>>269

妻や母や妹が死んで速攻、ディズニー。
変わったお家だな。

可哀想な子どもたちを楽しませてやりたいのかもしれないけど、時期が悪い

277 可愛い奥様 sage 2017/06/28(水) 14:50:01.63 ID:1W5riJvr0

>>269

喪があけないうちからディズニーランドとか、あり得ないから・・・

—————————————————–(転載ここまで)

もしこの噂が本当なら、「小林麻央」の死を悲しいと思っていないととらえられてもしかたがないでしょう。

どうして「海老蔵」や「小林麻耶」がネット上でここまでたたかれているのか。

ほかの芸能人の家族がここまでたたかれるようなことはあまり見受けられません。

多くはゴシップ好きの人々が面白おかしく取り上げているからでしょう。

しかしかれら二人には公にならない黒いつながりと消したくても消せない黒歴史をかかえています。

まずは「小林麻耶」から見ていきましょう。

彼女が消したくても消せない過去‥

それが週刊誌に大きく取り上げられた「島田紳助」との不倫でした。

—————————————————–(以下こちらから転載)

小林麻耶と紳助の不倫関係をあの人が大暴露!

”現在はフリーの小林麻耶アナがTBS時代に、紳助が経営する大阪の会員制バーなどで密会を重ねていたという。

「一部で06年に紳助さんと麻耶の石垣島不倫旅行が報じられたが、当時は頻繁に会っていたようだ。

紳助は麻耶が『恋のから騒ぎ』(日本テレビ系)に出演していた学生時代から気に入っており、03年にアナウンサーとしてTBSに入社すると、すぐさま寵愛。麻耶の入社1年目から『オールスター感謝祭』のアシスタントに抜擢した」”

古い話題なのですが、2006年の東スポ熱愛画像です。

(紳助、小林麻耶・画像)

北海道や石垣島に不倫旅行に行ったとの報道が頻繁にされました。

当時はこの画像のみじゃなく、目撃情報なども多数よせられてます。

しかし二人の関係が怪しいのはこの画像からだけではなく、実はある人の発言からだったのです。

日テレ系列放送の『今夜くらべてみました』という番組内でこの方が、

”「紳助さんと手つなぎながら(スタジオに)入って行ったりするじゃん。見たもん」”

と、爆弾発言!!これに対して麻耶さんは、「しないですよ~! そんなことしませんよ! 西川先生チョットおかしくなっちゃった」

「私は触れたことありません」と強く否定。

この放送をみた視聴者は、

・「島田紳助の不倫相手が小林麻耶…芸能界怖 …」

・「小林麻耶がテレビで普通に暴露されてたけどマジなん?」

・「小林麻耶さんは普通に紳助さんと写真撮られてたしね」

などとのコメントもよせられました。

証拠画像や同業者の発言からして、麻耶さんと紳助さんは不倫関係にあった説が濃厚です。

(中略)

麻耶が深夜に泣きながら電話している写真が掲載されたが、この相手は紳助さん。

麻耶はなかなか紳助さんにとっての”都合のいい女”にならなかったようで、『お前、干すぞ!』などと恫喝された。

当時、局の幹部などが2人の間に仲裁に入り、一件落着

—————————————————–(転載ここまで)

このようなドロドロ劇は芸能界につきものです。

ただ男女がいざこざによってわかれた、という単純なものではありません。

なぜなら島田紳助は「山口組」と深いかかわりを持っているからです。

—————————————————–(以下こちらから転載)

暴力団に「借り」を作った 島田紳助の本当の代償

島田紳助氏は10数年前、テレビでの発言を右翼に咎められ、テレビ局に街宣車を集中される攻撃を受けた。

耳をふさいで知らぬ振りはできない。

大音量の糾弾は現に局の業務を妨げている。

営業妨害として警察に取締りを要請すれば、右翼の神経をさらに逆なでするようで、怖い。

紳助氏はこのとき、芸能界から引退しようかとまで思い悩んだという。

たまたま元ボクシング世界チャンピオン、渡辺二郎氏(07年に恐喝未遂で起訴、上告中)が山口組系の有力組織である山健組系(当時)極心連合会の橋本弘文会長を紹介し、橋本会長が右翼と交渉して攻撃は止んだ。

これにより紳助氏は橋本会長に深く感謝し、以後、心服するようになった――。

相場1000万円以上の礼金が無料だった理由

紳助氏と橋本会長を結んだきっかけは右翼の攻撃だったようだが、現在、右翼の大半は暴力団系である。

暴力団が右翼を別働隊として使うことはもちろん可能だし、現に暴力団がこうした「分身の術」を使ってターゲットとする企業や個人を困惑させ、その後自ら登場して騒ぎを丸く納め、礼金を取るマッチポンプも行われている。

右翼に街宣活動から手を引かせるにはカネがかかる。

右翼としても隊員や街宣車を動員し、人件費やビラ代など経費を掛けている。

両者の間に立つ調停者は右翼にしかるべきカネを払って攻撃を止めてもらう。

右翼がタダで矛を収めることはまずあり得ない。

調停してくれるよう依頼する者は右翼の街宣中止代と、調停者への礼金を合わせて支払わなければならない。

相場は1000万円以上と見られる。

紳助氏の記者会見によれば、調停に当たった橋本会長は紳助氏にカネを要求せず、二人の間にいっさいカネの支払いはなかったという。

通常はあり得ないことだが、無料の例は必ずしも皆無ではない。

調停者の暴力団が依頼者の将来を見込み、貸し借り関係の「貸し」に回りたいときだ。

紳助氏の場合はこれだったかもしれないが、彼は橋本会長に大きな「借り」ができた。

「俺のケツ持ちを誰と思ってるんや」

暴力団の用語に「ケツ持ち」がある。

特定の人間がトラブルに見舞われれば、組員が前面に出て対処するといったニュアンスであり、よくいえば「後見人」とでもなろうか。

紳助氏は頭に血が上って凄むとき、「俺のケツ持ちを誰と思ってるんや。

極心連合会の橋本会長やぞ」と怒鳴り、恫喝した。事情を知らない者は、彼のバックは山口組系の極心連合会か、と一瞬怯む。

つまり紳助氏は橋本会長から借りができたことを気に病まず、むしろ継続的に庇護者になってくれたと受け取った節がある。

総じて紳助氏は切れやすく、04年10月には大阪・大淀南の朝日放送社内で吉本興業の女性社員を殴打し、加療1週間を要する頭部外傷や頸椎捻挫、左上肢と背部の打撲傷害を負わせた。

女性社員はその後長くPTSD(心的外傷後ストレス障害)を発症し、ついに退職するハメに陥った。紳助氏を民事裁判で訴えもした。

紳助氏は単に暴力団幹部の庇護を受けているだけでなく、彼自身が暴力的で、一般人と何度もトラブルを起こしている。

生来、暴力的な性向を持っているのかもしれない。

橋本会長は山口組の出世階段を順調に上っていった。

76年に山健組に加盟したのだが、89年山健組の渡辺芳則組長が山口組の五代目組長に上ると、次の山健組組長の座は桑田兼吉に譲られた。

橋本会長は桑田組長の下でナンバー2である若頭に抜擢され、桑田組長が拳銃の共同所持で裁判を抱えるころには組長代行に上っていた。

渡辺五代目組長の地位が司忍若頭(現山口組六代目組長)により脅かされ始めた05年4月には山健組から山口組の直系組長に引き上げられ、しかも同年6月には若頭補佐に任じられた。

橋本会長は押しも押されもしない山口組の大幹部にのし上がったのだ。

山口組は日本の暴力団組員の半数を占めるほど多数派であり、その若頭補佐といえば、組内で五指に入る。

紳助氏の「ケツ持ち」はあれよあれよという間に出世を遂げ、紳助氏はこうも強力な後ろ盾なら「向かうところ敵なし」と思ったにちがいない。

芸能人としての生活か、交際の継続か

元ボクサーの渡辺二郎氏は極心連合会で相談役の肩書きを持っているとされる。彼との間のメールが今回問題にされた。

大阪府警は07年6月、渡辺氏を詐欺恐喝容疑で逮捕した際、渡辺氏の携帯電話を押収した。

おそらく05年に携帯電話を買い換えたのだろう。

押収した携帯には05年6月から07年6月までの間、紳助氏と交わしたメール106通が保存されていた。

これが証拠となり、紳助氏が渡辺二郎氏を介して、いかに橋本会長に心酔し、深く交際していたか、如実に示すことになった。

他方、橋本会長も05年6月競売入札妨害容疑で大阪府警に逮捕され、06年3月にも詐欺未遂容疑で逮捕された。

会長宅の家宅捜索も併行され、橋本会長とのツーショット写真や紳助氏直筆の礼状なども押収されたようだ。

橋本会長が逮捕された際、紳助氏は「会長心配です! ほんま警察むかつきますね!」などとのメールを渡辺氏に送っている。

メールについては大阪府警捜査四課が解析、調査し、報告書にまとめている。

検察側がこの報告書を裁判所に提出したため、府警ルートか弁護士ルートでメールが流出したと推測されている。

吉本興業もメールを入手し、その重大性に気づいた。

メールを突きつけられれば、紳助氏と橋本会長との交際を否定できない。

それで紳助氏に事情聴取したわけだが、紳助氏は橋本会長との交際を否定せず、それが問題になるなら、芸能界を引退すると言い切ったと推測される。

—————————————————–(転載ここまで)

「島田紳助」は長年山口組とかかわりを持っていました。

上記のかかわりだけでなく、不動産関係で金のからむ関係だったとか‥。

かれ自身が芸能ヤクザのようなものですが、そんなかれと不倫関係にあった「小林麻耶」が「島田紳助」を介して山口組とまったく関係なかったと言えるでしょうか。

むしろつながっている可能性が高いとうたがってしまいます。

そして「島田紳助」は自身が司会をする番組に「ゲスト」として「麻生太郎」を呼んでいます。

「RAPT BLOG」では「山口組」と「麻生太郎」はつながっていることがくわしく説明されています。

○「麻生太郎」と山口組と統一教会と北朝鮮とイスラム国。全ては裏で一つにつながっている。

ちなみに「小林麻耶」はこの「島田紳助」とのスキャンダルを完全になかったことにしようと必死です。

以下の番組は2015年3月22日に放送された「波瀾爆笑」という番組です。

「小林麻耶特集」で彼女がいかに男性からモテたか、ということで終始盛り上がっています。

なんと彼女は番組の途中で、20代は仕事ばかりで、恋愛したかったと涙ぐんでいます 笑。

そのころは「島田紳助」の女としてのし上がっていたはずでは?‥演技力、ウソ泣きにドン引きです。

さらにわたしはこの番組を見ていてゾッとしたことがあります。

この番組内の『恋愛シミュレーション』のコーナーにて小林麻耶が、

「来世もさ来世も一緒にいてほしい」

と言われたい、というようなことを言っています。

それは2010年に「小林麻央」が「海老蔵」にプロポーズされたときの言葉と一緒なのです!

妹の「小林麻央」をかなり意識していたのではないかと感じますし、なにか異様な執着のようなものも感じます。

で、結局「島田紳助」は暴力団を背後にちらつかせ、芸能界で力をふるっていたわけですが、結局暴力団によって引退を余儀なくされました。

そんなかれの「愛人」だと日本全国に暴露されてしまった「小林麻耶」は当然仕事をうしないます。

「島田紳助」のうしろ盾もなくなり、清楚キャラで売っていたのにじつは「都合のいい女」だとばれてしまったのですから…。

じっさいに残されたレギュラー番組だったTBSの「がっちりアカデミーII」も、打ち切りになりました。

紳助スキャンダル以降、単発の仕事はあるものの仕事のオファーが少なくなったようです。

彼女は自分が干されていく現実にあせっていたにちがいありません。

そんな大ピンチの彼女を生き返らせたのが「小林麻央」の乳癌報道です。

「小林麻耶」は「真央」が乳癌をわずらい亡くなったことで、「乳癌がおそろしい!」「献血は大切だ!」という洗脳を植えつける広告塔になりました。

「小林麻央」の看病の経験をとおして手術にはたくさんの血液が必要だと「日本赤十字社」の主催イベントで献血を促しています。

—————————————————–(以下こちらから転載)

小林麻耶、麻央さん死去後初の公の場 献血イベント登場で「感謝こめて」

フリーアナウンサーの小林麻耶(38)が11日、都内で「平成30年『はたちの献血』キャンペーン記者発表会」に、司会者として登場した。

昨年6月22日に妹の小林麻央さん(享年34)を乳がんで亡くして以降、テレビなどの出演はあるが、公の場に登場したのは初。

「献血した血液が1番使われてるのが、がんの治療。妹も命をつないでいただきました。感謝を込めて、輸血の大切さを伝えていきたい。命の尊さをみんなと伝えていけたら」とそばで支え続けた麻央さんの闘病を踏まえて、神妙な表情で思いを伝えた。

—————————————————–(転載ここまで)

自身のブログでも献血の大切さについて書いています。

—————————————————–(以下こちらから転載)

献血 の大切さ

今日は、日本赤十字社さんの献血推進プロジェクト

LOVE in Action のライブに少しだけ、出演させていただきました。

妹は輸血を受け、命を繋いでいただきました。

献血してくださった方のおかげです。

本当にありがとうございます。

これだけ、医学が進歩していても血液は人工的には作れません。

献血の大切さ。

人間を救うのは、人間だ。

日本赤十字社さんのメッセージをこれからも、伝えていきたいです。

そして、ご報告があります。

来月7月からFM ラジオ 『LOVE in Action』に復帰させていただくことになりました。

これまで以上に、心をこめてラジオから 献血 のことを伝えていきます。

ぜひ、聴いてください。

ここまで支えてくれた川田裕美ちゃん、本当に本当に本当にありがとう。

—————————————————–(転載ここまで)

彼女は「小林麻央」が乳癌と診断されるまえから「ガン利権の根源」である「赤十字社」と「日野原重明」とつながっていました。

「赤十字社」のラジオ番組、「LOVE IN ACTION」のパーソナリティーをつとめ、「BS ジャパン」の小林麻耶の番組「本に会いたい」でインタビューをしています。

—————————————————–(以下こちらから転載)

BS JAPAN 「本に会いたい」で、聖路加国際病院の日野原重明理事長にお会いしました!!!

去年、100歳になられた日野原理事長!!!

本当にお若かったです!!!!!!!!!!!!!

写真も快く撮ってくださり、立ち姿もかっこいい~~~~~。

本についてはもちろんですが、生き方、長寿の秘訣、食生活なども伺ってきました。

お会いできて、お話を伺うことができて、本当に良かったと心から感謝しています。

—————————————————–(転載ここまで)

○小林麻央の本に会いたい

 

「日野原重明」は日本に「癌」「生活習慣病」という洗脳をばらまいた張本人です。

そして「日本赤十字社」の名誉総裁「美智子皇后」の実家である「正田家」のホームドクターでした。

○日本赤十字社-組織概要

「小林麻耶」は「山口組」だけでなく、悪の巨頭「日野原重明」「美智子皇后」ともつながっているといえます。

「小林真央」が死ぬことでさらに「乳癌」のおそろしさや献血の大切さがアピールしやすくなったことでしょう。

そして彼女が今でも芸能活動をつづけていられるのは「小林麻央」が死んだからこそだといえます。

「島田紳助」の女となり、さらに干される寸前まで落ちぶれてしまった「小林麻耶」。

そんなグッドタイミングで「小林麻央」は「乳癌」となってしまいました。

「小林麻央」はイルミナティの生贄となっただけでなく、「乳癌」はおそろしい病だと強烈に印象付ける道具として使われました。

ちなみに、「小林麻耶」は「アメーバブログ」の人気ブロガーです。

「小林麻央」が乳癌をわずらって以降、写真と文章をちょこっと掲載するだけで大量のアクセス数を稼ぐことができるようになりました。

そうして大量のアクセスにより、お金も入るようになりました。

なんとブログだけで年収5000万円はもうけているとのこと。

「市川海老蔵」も同じように「アメーバブログ」の人気ブロガーです。

かれも「小林麻央」が乳癌をわずらうことでつまらない自撮りや子供の写真に一言そえるだけで、大金を稼ぐことができるようになりました。

—————————————————–(以下こちらから転載)

海老蔵 ブログの収入がスゴい!仕組みを詳しく解説します!

芸能人がブログやSNS(フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなど)で日常の出来事を情報発信することが普通になっていますね。

わたしたち、一般人が気になるのは彼らの広告収入ですよね。本業の芸能活動の他に、芸能人の皆さんは部ロゴやSNSを通して多額の広告収入を得ています。

特に、芸能人、著名人の中で、注目度がトップクラスの海老蔵さんのブログは、常に人気ブログランク上位にランキングされています。

アメブロの芸能人ブログランキングでも、海老蔵さんはMVBに入っています。

MVBは、「Most Valuable Blog」 の略で、「もっとも価値のあるブログという意味です。海老蔵さんの妻で、乳がんで6月に亡くなった小林麻耶さんも闘病中にブログKOKOROを発信していました。

小林麻央さんのブログも、ブログランキングで1位を獲得していました。

さらに、小林麻央さんの姉の小林麻耶さんも、時々ランキングで2位にランクインするなど、海老蔵さん、小林麻央さん・麻耶さん姉妹のブログへの注目度が非常に高いことがわかります。

そんな具合で、ブログ収入が普通ではない海老蔵さんと小林麻央さん・麻耶さん姉妹ですが、実際にはどのくらいの収入があるのでしょうか。

海老蔵さんも麻央さんもブログ収入だけで年収3000万オーバーとも5000万円オーバーとも言われていましたが、本当なのでしょうか。

たしかに、伝統ある歌舞伎界でエースとして活躍する海老蔵さんにしろ、闘病生活で頑張っている小林麻央さんにしろ、おふたりのブログ記事を読みたい人はたくさんいますよね。

海老蔵さんのブログ収入

海老蔵さんのブログですが、収入はどのくらいだと思いますか?月収、いや、1日の収入が30万円を超えているようです。

1日に30万円ということは、1ケ月で900万円になり、1年間では1億円を超えてきます。どうして、そんなにも収入が多いのでしょうか。

ここで、芸能人になぜ莫大なブログ収入がもたらされるのか?ブログを更新し続けるだけで、年収数千万、そして1億円もオーバーできる破格の仕組みはいったい何なのでしょうか。

そのブログ収入の仕組みについて解説してみたいと思います。

まず、アメブロ(アメーバブログ)では、芸能人のブログに対して特別な仕組みで報酬が支払われています。

具体的には、「1,000PVごとに30円の広告報酬」です。

ここでいう、PVとはPage Per View (ページビュー数)のことであり、「ブログの記事が何回見られたか」を示しています。

そして、海老蔵さんの1日のPV数は、1千万PV以上に増えてきているとのことです。

「1,000PVごとに30円の広告報酬」なので、これに30円をかけると30万円になりますね。

1日30万円の収入を1ケ月の30日間に掛けると、1ケ月に900万円になり、1年では1億円を超える計算になります。

海老蔵さんのブログ収入の仕組み

海老蔵さんのブログだけで、これだけの収入が得られていますが、これに小林麻央さんのブログ収入を足すととんでもない額になりますね。

小林麻央さんのブログへのアクセス数は、闘病中ほどでないものの、海老蔵さんが英語版の更新を続けていますので、今でも一定数のアクセスがあるようです。

ここで、なぜアメブロが芸能人に報酬を支払うのかというと、ブログ記事のサイドバーなどに広告が掲載されていますよね?

海老蔵ブログしかり、ブログKOKOROしかり、記事本文の横には自動で表示される広告をいくつも目にしますね。

あの広告が多くの人たちの目に触れるため、広告収入として芸能人はブログのPVに応じた収入をもらう事ができます。

TVで流れているCMの広告料と同じような仕組みだといえますね。広告料の支払元は、各広告の広告主になります。

また、アメブロにおけるブログ収入の計算式を海老蔵さんの例でみてみましょう。

10,000,000PV ÷ 1000PV × 30円 = 30万円 / 1日

30万円 x 30日 = 900万円 / 1ケ月

900万円 x 12ケ月 = 1億8百万円 / 1年間

という計算になり、海老蔵さんは毎月900万円ぐらいのブログ収入を得ていることになります。

小林麻央さん・麻耶さんも同様の仕組みによって、アメブロから毎月報酬をもらっているはずです。

これらを全て足したら、とんでもない金額になりますね。

—————————————————–(転載ここまで)

かれがどうして一日に何度もブログを更新するのか理由がわかりました。

かれが得たのは、莫大なブログ収入だけではありません。

自分が背負う「歌舞伎界」の息を吹き返すチャンスも得ました。

「海老蔵」の後継ぎとなる長男もブログや「小林麻央」関連の報道でなにかと取り上げられるようになりました。

「小林麻央」の面影があることや、母をうしないながらも健気に伝統芸能にはげむ姿に歌舞伎ファンが増えたのではないでしょうか。

○市川海老蔵の息子!堀越勸玄くんが可愛いすぎ!みなキュンキュンしてた。

「小林麻央」の死によって保険金も得たでしょうし、「イルミナティ」による癌の宣伝に大きく貢献しました。

これから「小林麻央」の本なども出版しようとしていたようですが、あまりに批判の声が多く断念したとのこの。

人の死をあますことなく金儲けに利用しようとする意図が垣間見えますね。

「癌」は存在しません。

嘘の病気の闘病記録などだれが読むでしょうか。

それに「小林麻央」は途中から「にせもの」にすげ替えられました。

以下の画像は本物の「小林麻央」と闘病中のにせものの「小林麻央」です。

はい、完全に別人です。

庶民を馬鹿にするのもいい加減にしてほしいですね。

まあ、かれら「イルミナティ」にとっては影武者をつかうことは日常茶飯事です。

生前の「小林麻央」はメディアで笑顔をたやしませんでした。

画像検索するとよくわかります。

そのようなプロ意識の高い彼女が病気をわずらい、ボロボロになっていく姿を公にしたいと思うでしょうか。

逆に、その苦しみなどをかくして、できるだけ変わらぬ姿をファンや庶民に見せたいと思うのではないでしょうか、と私は思いました。

彼女が飛び込んだ「歌舞伎」の世界。

そもそも「歌舞伎」というもの自体が「日本文化」として重要視されていることに疑問をおぼえます。

今回「歌舞伎」について調べてみますと、「日本の闇」ともいえるようなルーツであることがわかりました。

現代の庶民にとって「歌舞伎」は高級で敷居の高いイメージがあります。

しかしそのルーツは意外なものでした。

—————————————————–(以下こちらから転載)

歌舞伎の元祖は、「お国」という女性が創始した「かぶき踊」であると言われている。

<出雲阿国>

「かふきをとり」という名称が初めて記録に現れるのは『慶長日件録』、慶長8年(1603年)5月6日の女院御所での芸能を記録したものである。

お国達の一座が「かぶき踊」という名称で踊りはじめたのはこの日からそう遡らない時期であろうと考えられている。

『当代記』によれば、お国が踊ったのは傾き者が茶屋の女と戯れる場面を含んだものであった。

ここでいう「茶屋」とはいわゆる色茶屋の事「茶屋の女」とはそこで客を取る遊女まがいの女の事である。

後述するように、「かぶき踊」は遊女に広まっていくが、もともとお国が演じていたものも上述したようなエロティックなシチュエーションを含んだものであり、お国自身が遊女的な側面を持っていた可能性も否定できない。

『時慶卿記』の慶長5年(1600年)の条には、クニが「ややこ踊」というものを踊っていたという記録があり、「かぶき踊」は「ややこ踊」から名称変更されたものだと考えられている。

しかし内容面では両者は質的に異なったものであり、「ややこ踊」がかわいらしい少女の小歌踊であると考えられているのに対し、「かぶき踊」は前述のように傾き者の茶屋遊びというエロティックな場面を含んだものである。

現在、お国のことを「出雲阿国」(いずものおくに)と呼ぶが、彼女と同時代の文献にはこの名称はなく、また出雲の出身であるかどうかにも確証がないため、軽々に用いるべき言葉ではないという意見もある。

なお、この頃の歌舞伎は能舞台で演じられており、現在の歌舞伎座をはじめとする劇場で見られる花道はまだ設置されていない。

「かぶき踊」が流行すると、当時数多くあった女性や少年の芸能集団が「かぶき」の看板を掲げるようになったらしい。

そこには「ややこ踊」のような踊り主体のものもあれば、アクロバティックな軽業主体の座もあった。

その後、「かぶき踊」は遊女屋で取り入れられ(遊女歌舞伎)、当時各地の城下町に遊里が作られていた事もあり、わずか10年あまりで全国に広まった。

今日でも歌舞伎の重要要素の一つである三味線が舞台で用いられるようになったのも、遊女歌舞伎においてである。

当時最新の楽器である三味線をスターが弾き、五六十人の遊女を舞台へ登場させ、虎や豹の毛皮を使って豪奢な舞台を演出し、数万人もの見物を集めたという。

他にも若衆(12歳から17、18歳の少年)の役者が演じる歌舞伎(若衆歌舞伎、わかしゅかぶき)が行なわれていた。

男娼のことを陰間というのは「陰の間」の役者、つまり舞台に出ぬ修行中の役者の意味で、一般に男色を生業としていたことからも分かるように好色性を持ったものであった。

全国に広まった遊女歌舞伎と違い、若衆歌舞伎の広がりは京、大阪、江戸の三都を中心とした都市部に限られている。

なお、現在も役者を「音羽屋」「成駒屋」などと屋号でよぶのは、役者たちが身を置いた陰間茶屋の屋号の名残である。

しかし、こうした遊女や若衆をめぐって武士同士の取り合いによる喧嘩や刃傷沙汰が絶えなかったため、遊女歌舞伎や若衆歌舞伎は、幕府により禁止される。

遊女歌舞伎が禁止された時期に関して、従来は寛永6年(1629年)であるとされていたが、全国に広まった遊女歌舞伎が一度の禁令で無くなるはずもないので、近年では10年あまりの歳月をかけて徐々に規制を強めていったと考えられている。

それに対し、若衆歌舞伎は十七世紀半ばまで人気を維持していたものの、こちらも禁止されてしまう。

なお、古い解説書には、若衆歌舞伎は遊女歌舞伎が禁止された後に作られたものだと書かれているものがあるが、これは後の研究で否定されており、実際には「かぶき踊」の最初の記録が残る慶長8年(1603年)にはすでに若衆歌舞伎の記録がある。

また、こうした古い解説書では、若衆歌舞伎が禁止された後「物真似狂言づくし」にする事を条件に再興がみとめられて野郎歌舞伎(役者全員が野郎頭の成年男子)へと発展していったという説明がなされることがあるが、現在では「物真似狂言づくし」を再興の条件としたことを否定するばかりでなく、野郎歌舞伎という時代を積極的には認めない説も存在する。

—————————————————–(転載ここまで)

「歌舞伎」が「出雲阿国」による性的な踊りがルーツだったとはおどろきました。

「遊女」や「男娼」たちがおこなっていた行為を「日本の伝統文化」として世界に発信しているのですね。

さすが悪魔崇拝の国、日本。

この歌舞伎は初めは遊女たちがおこなっていたようですが、禁止されたのち、男性が女装をしておこなうようになりました。

それが現代の「歌舞伎」の原型です。

またここで、「歌舞伎」は今度は「男娼」による売春がさかんになっていきました。

—————————————————–(以下こちらから転載)

日本においては、古くから歌や踊りを披露する芸人が、売春に従事し、男娼もまた存在した。

寺院の稚児や、武士のあいだの男色の相手は、売春ではないが、その周縁に、春を鬻(ひさ)ぐ者が存在した。

人身売買が公然と存在し、事実上の奴隷制が存在した中世には、売春のための稚児の少年を抱えた親方が、客に少年を一夜売ることで、利益を挙げる商売も存在した。

江戸時代、歌舞伎における女性俳優が売春行為の温床となったため、これが禁止された。

これに対し若い男性が女役を演じる若衆歌舞伎が起こったが、ここでも売春行為が行われたため禁止された。

これに代わって野郎歌舞伎が興隆し、歌舞伎芸人は、若い者も年長の者も、総じて、客の男色の要望に応えて身を売った。

また、江戸の吉原を中心に、何種類もの形態で遊女が登場したように、男娼の世界においても、陰間茶屋の高級色子から、地方まわりの男娼芸人(陰間)に至るまで、多様な姿で売春が展開していた。

その多くは12歳で水揚げ(客を取り始める)をし、19歳くらいまで客を取り続ける者が多かった。20代後半になっても客を取っている男娼もいたが、「大釜」などと言われ嘲笑の対象となった。

男娼としては、なよやかでほっそりとした小柄な少年が好まれた。

よって幼少期から男娼として育てられる少年もいた。江戸では大半が京都・大阪出身の優美な言葉遣いや所作が身に付いた上方から下った少年たちだった。

彼らは体臭の元となるような食物はいっさい摂らず、常に口と身体を清潔に保つように心がけた。

専ら男性の相手をしたが、成人すると御殿女中や後家などの女を相手にすることもあった。

—————————————————–(転載ここまで)

このような性的なエピソードがつきない「歌舞伎」ですが、現代の「枕営業」に通じるものを感じます。

現代の歌舞伎界では完全に「男娼」はなくなったのでしょうか?

芸能界の話題に必ず出てくる「枕営業」。

「小林麻耶」もある意味「島田紳助」枕営業をかけていました。

華やかな世界の闇はどこまでも深いです。

そして最後にもうひとり、「小林麻央」の死によって取り上げられた人物がいます。

「櫻井翔」です。

彼が涙ぐむ姿をニュースで見たひとは多いのではないでしょうか。

とても悲しそうにしてますが、「ガン保険」で有名な「アフラック」のCMにしっかりと出演しています。

「小林麻央」のお陰で「ガン保険」の加入者も増えたのではないでしょうか。

一年前、だれもが「小林麻央」の死に涙しました。

しかしその裏で莫大な利益を生んだひとたちは笑いが出てしかたがないでしょう。

だれが嘘の涙を流しているのか、金の流れをさぐると見えてきます。

今回、ひとりの女性の死によって金を生み出す錬金術が垣間見えました。

うその病気で人間を殺すことも、悪魔への生贄に捧げるために殺すことも絶対にゆるされることではありません。

これ以上「癌」によってなにも知らない人々が犠牲になることがないように情報を発信していきたいです。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*